寄生虫(食肉類&野菜類)




食肉類

  1. 旋毛虫(せんもうちゅう)

    【寄生元】クマ、ブタ、ウマ
    【寄生先】小腸の粘膜に幼虫を生み、血液を介して全身
    【症状】下痢、腹痛、発熱、筋肉痛、貧血、呼吸困難
    【予防法】加熱(55度以上)に弱い
    冷却(-38度~-18度)に弱い

    *寒冷地由来のモノは冷凍に強いモノもある

 

  1. 無鉤条虫(むこうじょうちゅう)

    【寄生元】ウシ
    【寄生先】小腸上部の粘膜
    【症状】腹痛、下痢、食欲衰退
    【予防法】牛肉の生食を避け、十分に加熱する

    *日本でのうしの保虫率は1%以下で感染が少ない

 

  1. 有鉤条虫(ゆうこうじょうちゅう)

    【寄生元】イノシシ、ブタ
    【寄生先】小腸上部の粘膜、幼虫が脳、心筋、肝臓などに移行
    【症状】消化器障害(下痢、悪心など)、貧血
    【予防法】イノシシ、ブタの生食、生焼け肉などを避ける
    十分に加熱する

 

  1. トキソプラズマ

    【寄生元】ネズミ、ブタ、イヌ、ネコ、ヒツジなど
    【寄生先】
    【症状】発熱、リンパ節の炎症(胎児は先天性トキソプラズマ症)
    【予防法】豚肉の取り扱いに注意する
    二次感染を防ぐために調理器具の洗浄をする

    *猫の排泄などから経口感染する
    妊婦は特に注意が必要(胎児への影響が大きい)

 

野菜類

  1. 回虫(かいちゅう)

    【寄生元】野菜類に虫卵(手指を介して経口感染)犬、猫の糞便
    【寄生先】小腸で孵化し、肝臓、肺、喉などを通り再び小腸に定着する
    【症状】自覚症状は少ない(まれに腹痛、発熱、下痢)
    【予防法】熱に弱く70度数秒で死滅
    生野菜を食べるときにはよく洗浄する

    *体内を動き回る際に臓器に侵入し、危険な症状を起こすこともある

 

  1. ズビニ鉤虫(ズビニこうちゅう)

    【寄生元】野菜を介して経口感染(海外では経皮感染する)
    【寄生先】体内を移動して小腸に寄生する
    【症状】貧血、食欲不振、全身倦怠など
    【予防法】熱に弱いので加熱調理する
    生野菜を食べるときは良く洗浄する

    *子供では栄養障害や神経症状が現れる

 

  1. 鞭虫(べんちゅう)

    【寄生元】野菜類に虫卵
    【寄生先】盲腸部に寄生する
    【症状】寄生数が多いと下痢、腹痛、食欲不振(虫垂炎の原因にもなる)
    【予防法】加熱調理&生野菜は良く洗浄する

     

  2. 肝蛭(かんてつ)

    【寄生元】ウシ、ヒツジ、セリ、ミョウガ、クレソンなど
    【寄生先】人の肝臓に寄生する
    【症状】激しい腹痛、発熱、肝機能障害など
    【予防法】水洗いや洗剤などでは完全除去できない
    肝蛭の流行地では野菜の生食を避け、加熱調理する
    牛の肝臓は十分に加熱する

     

  3. 赤痢アメーバー(せきりあめーばー)

    【寄生元】ハエ、ゴキブリ、サル、ネズミ、イヌ、ブタなどの糞便
    【寄生先】一般的に大腸に寄生する
    【症状】症状が現れない患者が多い
    大腸で潰瘍を起こし、粘血便が見られる
    肝臓へ転移して肝膿瘍を起こすこともある
    【予防法】水や野菜の加熱や煮沸
    ハエ、ゴキブリなどの駆除

 




 

備考

「食中毒」一覧表

サルモネラ菌ボツリヌス菌
腸炎ビブリオセレウス菌
病原大腸菌ノロウイルス
ウエルシュ菌フグ中毒
カンピロバクター貝毒
エルシニア植物性自然毒
リステリア科学性食中毒
ブドウ球菌

 

「寄生虫」一覧表

アニサキストキソプラズマ
大複殖門条虫回虫
旋尾線虫ズビニ鉤虫
顎口虫鞭虫
肝吸虫肝蛭
横川吸虫赤痢アメーバ
日本海裂頭条虫ランブル鞭毛虫
ウェステルマン肺吸虫クリプトスポリジウム
旋毛虫エキノコックス
無鉤条虫広東住血線虫
有鉤条虫アンソン裂頭条虫




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください