フグ中毒

  1. 起因菌

    テトロドトキシン

  2. 症状

    潜伏期間 30分~3時間
    症状   唇、手足のしびれ、頭痛、腹痛、言語障害など
    備考   死亡するまでの時間は8時間以内とされる

  3. 汚染源

    フグ
    ヒョウモンダコ
    ツムギハゼ
    ボウシュウボラ

  4. 特徴

    水に不溶
    酸、熱に強い
    加熱調理などでは無毒化できない

  5. 予防

    フグ調理師の資格者が解体する事
    素人の安易な取り扱いは絶対にしない

まとめ

  • 素人の解体は絶対にしない
  • フグ調理師の免許取得者が解体する事
  • 人の致死量は約2mg
  • フグ毒=テトロドトキシン
  • テトロドトキシン=青酸カリの1000倍の毒力
  • フグ毒は加熱処理では無毒化できない

 

 

備考

「食中毒」一覧表

サルモネラ菌ボツリヌス菌
腸炎ビブリオセレウス菌
病原大腸菌ノロウイルス
ウエルシュ菌フグ中毒
カンピロバクター貝毒
エルシニア植物性自然毒
リステリア科学性食中毒
ブドウ球菌

 

「寄生虫」一覧表

アニサキストキソプラズマ
大複殖門条虫回虫
旋尾線虫ズビニ鉤虫
顎口虫鞭虫
肝吸虫肝蛭
横川吸虫赤痢アメーバ
日本海裂頭条虫ランブル鞭毛虫
ウェステルマン肺吸虫クリプトスポリジウム
旋毛虫エキノコックス
無鉤条虫広東住血線虫
有鉤条虫アンソン裂頭条虫

 

 

サルモネラ食中毒について症状、感染源、予防法などまとめ

サルモネラ菌,食中毒,症状,感染源,予防法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください