科学性食中毒




  1. 起因物質

    メタノール
    ホルムアルデヒド
    ヒ素
    カドミウムなど

  2. 症状

    発症時間 ーー
    症状   下痢、腹痛、吐き気、めまい、倦怠感など
    備考   原因物質により症状が違う

  3. 汚染源

    化学物質に汚染された食品の摂取
    食品添加物と認められていない物の使用
    製造工程からの汚染

  4. 特徴

    製造過程で誤って混入する
    食品中で有害化学物質が発生することもある

  5. 予防

    食品に使用しないものは食品と一緒にしない
    リコールなどの情報を守る




まとめ

  • 食品に関係ない物は区別して保管する
  • リコールなどの情報を得る
  • 原因物質はメタノール、塩化第二水銀、ホルムアルデヒド
    有機リン剤、有機塩素剤、エチレングリコール、ズルチン
    オーラミン、オーラミンB、ヒ素、PCB、アンチモン
    有機亜鉛、銅、亜鉛、有機水銀、カドミウムなど
  • 原因物質により症状は違う

 

備考

「食中毒」一覧表

サルモネラ菌ボツリヌス菌
腸炎ビブリオセレウス菌
病原大腸菌ノロウイルス
ウエルシュ菌フグ中毒
カンピロバクター貝毒
エルシニア植物性自然毒
リステリア科学性食中毒
ブドウ球菌

 

「寄生虫」一覧表

アニサキストキソプラズマ
大複殖門条虫回虫
旋尾線虫ズビニ鉤虫
顎口虫鞭虫
肝吸虫肝蛭
横川吸虫赤痢アメーバ
日本海裂頭条虫ランブル鞭毛虫
ウェステルマン肺吸虫クリプトスポリジウム
旋毛虫エキノコックス
無鉤条虫広東住血線虫
有鉤条虫アンソン裂頭条虫




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください