鮫 さめ(smooth dogfishes)

100gの栄養素含有量

おいしい時期

  • ①⑩⑪⑫月

解説

  • 地域によってさまざまな違いがある魚
  • 西日本では「ホシザメ」北日本では「アブラツノザメ」「ネズミザメ」が代表的な食用サメ
  • 基本的に旬は冬
  • 南日本では夏でも好まれる魚で湯引きや生で食べられている
  • 北日本では冬に食べられ、煮たり焼いたりして食べる
  • はんぺんなどのおでん種に使われる
  • 味は良いが不人気
  • コラーゲン、スクワレンが豊富なので美肌効果がある

 

地方名

  • フカ
  • テッポウ
  • ホシ
  • マナゾ
  • ノソ



仲間

  • 鼠鮫(ネズミザメ)
  • 油角鮫(アブラツノザメ)

 

レシピ

  • 鮫の湯引き(フカの湯ざらし)
  • 鮫の刺身、すし
  • 鮫の塩焼き
  • 鮫の煮物

 

栄養素含有量(100g当たり)

アブラツノザメ(生)

エネルギー159kcal
タンパク質16.8g
脂質9.4g
炭水化物
ビタミンA210㎍
ビタミンD1.0㎍
ビタミンE2.2mg
ビタミンK
ビタミンB10.04mg
ビタミンB20.08mg
ビタミンB60.33mg
ビタミンB121.7㎍
ビタミンC
ナイアシン1.0mg
葉酸2㎍
パントテン酸0.73mg
ビオチン
ナトリウム100mg
カリウム450mg
カルシウム6mg
マグネシウム19mg
リン200mg
1.0mg
亜鉛0.3mg
0.04mg
マンガン0.01mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
食物繊維

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください