虎魚 おこぜ(Devil stinger)

本ページはプロモーションが含まれています


100gの栄養素含有量

おいしい時期

オコゼ

*数字をクリックで各月の歳時記を表示します

 

魚介類の解説

  • 背びれに毒のあるトゲがあるので取り除いて調理する
  • 鱗がなく、皮は厚く、骨は柔らかい
  • 柔らかい白身でクセがない
  • 産地によって旬の時期がことなる
    (長崎県=冬、三重県=夏とされる)
  • 産卵期は7~8月
  • 一般的に産卵期前が栄養を蓄える時期なので旬
  • 市場には常に出回り、味も季節による差が少なくおいしい

 

地方名

  • ヤマノカミ
  • アカオコゼ
  • イオコゼ
  • オコジ
  • ツチオコゼ
  • オコウジン
  • ボウチョウカサゴ

 

目利き

  • 基本的に活〆された物がよい
  • 野締め(漁の時に死んだ物)は生食しない
  • 触って張りのある物をえらぶ

 

下処理

  1. 背びれの両側に包丁を入れ、背びれを取り除く
    (背びれは後からでも毒が効いているので注意する)
  2. 鱗がないので塩を振って、ぬめりを取る
  3. 骨、頭、ヒレは二度揚げして食べられる

 

レシピ

  • 刺身・寿司
  • 煮物
  • 唐揚げ
  • 鍋物
  • 汁物

食品成分表

可食部100g当たり

おこぜ(生)

エネルギー85kcal
タンパク質19.6g
脂質0.2g
炭水化物0.2g
ビタミンA
ビタミンD1.0㎍
ビタミンE0.4mg
ビタミンK
ビタミンB10.01mg
ビタミンB20.12mg
ビタミンB60.08mg
ビタミンB120.6㎍
ビタミンC
ナイアシン2.4mg
葉酸3㎍
パントテン酸0.51mg
ビオチン
ナトリウム85mg
カリウム360mg
カルシウム31mg
マグネシウム26mg
リン200mg
0.4mg
亜鉛0.7mg
0.03mg
マンガン0.21mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
食物繊維
*ビタミンAはβ-カロテンの含有量を示します
   →詳しくはビタミンAの説明へ
*ビタミンEはトコフェロールαを示します
   →詳しくはビタミンEの説明へ