真蛸 まだこ(octopus)


100gの栄養素含有量

おいしい時期

真蛸(瀬戸内)

真蛸(三陸)

*数字をクリックで各月の歳時記を表示します

 

魚介類の解説

  • 日本人は世界で最もタコを消費している
  • 旬は2回あると言われている
  • 市場には茹でたものの流通が多い
  • 国産のマダコは高価
  • 真蛸の卵を塩漬けや素干しにしたものが「海藤花」(かいとうげ)
  • 国産は茹でると小豆色になり香りが高い
  • 外国産はピンク色になり香りがない
  • 一般的に「タコ」といえば真蛸を指す
  • 瀬戸内では産卵期のものを「麦わらだこ」と呼び、旬と言われる

 

地方名

  • いしだこ
  • たこ

 

 

目利き

  • 鮮度が良いものは弾力があり、身を押すと色が変わる
  • 大きい方がおいしい
  • 茹蛸は吸盤が小さく粒が揃っているものが良い。表面は茶色で艶があり、切り口が乾いていないものが良い

 

 

仲間

  • ミズダコ
  • イイダコ
  • テナガダコ

 

レシピ

  • 刺身、すし
  • 蛸のマリネ
  • タコ焼き
  • カルパッチョ

ざこばの朝市公式オンラインショップ
【TastyTable】

食品成分表

可食部100g当たり

真蛸(茹で)

エネルギー99kcal
タンパク質21.7g
脂質0.7g
炭水化物0.1g
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE1.9mg
ビタミンK
ビタミンB10.03mg
ビタミンB20.05mg
ビタミンB60.07mg
ビタミンB121.2㎍
ビタミンC
ナイアシン1.9mg
葉酸2㎍
パントテン酸0.17mg
ビオチン5.6㎍
ナトリウム230mg
カリウム240mg
カルシウム19mg
マグネシウム52mg
リン120mg
0.2mg
亜鉛1.8mg
0.43mg
マンガン0.04mg
ヨウ素8㎍
セレン28㎍
クロム1㎍
モリブデン1㎍
食物繊維
*ビタミンAはβ-カロテンの含有量を示します
   →詳しくはビタミンAの説明へ
*ビタミンEはトコフェロールαを示します
   →詳しくはビタミンEの説明へ

和食レストラン【とんでん】の生おせち
オホーツクの海の幸を全国の食卓へ