皮剝 かわはぎ(Thread-sail filefish)


100gの栄養素含有量

おいしい時期

カワハギ

*数字をクリックで各月の歳時記を表示します

 

魚介類の解説

  • 身の旬は7~8月、肝の旬は11~1月と旬が2回ある
  • 季節を通して、味があまり落ちない
  • カワハギ、ウマヅラハギ、ウスバハギの順で高価
  • 甘み、うま味、食感が特徴の身質
  • 刺身、煮物、焼き物どれをとっても美味
  • 9月頃から身が張ってきてどんどんおいしくなる

 

地方名

  • ハゲ
  • バクチウチ
  • モチノウオ
  • センバ
  • ヤキモチコゴモリ

 

目利き

  • 目が澄んで、触ってかたいもの
  • 古くなると目から粘液が出てくる
  • ヒレの乾燥していないもの
  • 身の色に透明感があり黄ばんでいないもの

 

仲間

  • 馬面剥(うまづらはぎ)
  • ウスバハギ

 

レシピ

  • 皮剥のチリ鍋
  • 皮剥の友和え
  • 皮剝の刺身

 

食品成分表

可食部100g当たり

かわはぎ(生)

エネルギー83kcal
タンパク質18.8g
脂質0.4g
炭水化物
ビタミンA
ビタミンD43㎍
ビタミンE0.6mg
ビタミンK
ビタミンB10.02mg
ビタミンB20.07mg
ビタミンB60.45mg
ビタミンB121.3㎍
ビタミンC
ナイアシン6.6mg
葉酸6㎍
パントテン酸0.17mg
ビオチン0.9㎍
ナトリウム110mg
カリウム380mg
カルシウム13mg
マグネシウム28mg
リン240mg
0.2mg
亜鉛0.4mg
0.03mg
マンガン0.02mg
ヨウ素33㎍
セレン35㎍
クロム
モリブデン
食物繊維
*ビタミンAはβ-カロテンの含有量を示します
   →詳しくはビタミンAの説明へ
*ビタミンEはトコフェロールαを示します
   →詳しくはビタミンEの説明へ

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用