黄肌鮪 きはだまぐろ(Yellowfin tuna)


100gの栄養素含有量

おいしい時期

黄肌鮪

*数字をクリックで各月の歳時記を表示します

 

魚介類の解説

  • 背びれ、尾びれが黄色く名前の由来になっている
  • 鮪の種類の中では一番脂肪が少ない
  • 身が締まっていて、あっさりとしている
  • 関東よりも関西でよく食べられている
  • 桃色の身で夏のマグロと言われる

 

地方名

  • ウキンシビ
  • キメジ
  • ゲスナガ
  • ハツ
  • ホンバツ

 

目利き

  • 切り身はハリがあり、さわっても硬くない物が良い
  • 色が鮮やかなものが良い

 

仲間

  • 黒鮪(クロマグロ)
  • 目撥鮪(メバチマグロ)
  • 南鮪(ミナミマグロ)
  • 鬢長鮪(ビンチョウマグロ)
  • コシナガマグロ

 

レシピ

  • 刺身、すし
  • 揚げ物
  • 焼き物
  • 煮物
  • カルパッチョ
  • たたき

食品成分表

可食部100g当たり

きはだまぐろ(生)

エネルギー112kcal
タンパク質24.3g
脂質1.0g
炭水化物
ビタミンA
ビタミンD6.0㎍
ビタミンE0.4mg
ビタミンK
ビタミンB10.15mg
ビタミンB20.09mg
ビタミンB60.64mg
ビタミンB125.8㎍
ビタミンC
ナイアシン22.0mg
葉酸5㎍
パントテン酸0.36mg
ビオチン1.4㎍
ナトリウム43mg
カリウム450mg
カルシウム5mg
マグネシウム37mg
リン290mg
2.0mg
亜鉛0.5mg
0.06mg
マンガン0.01mg
ヨウ素14㎍
セレン74㎍
クロム1㎍
モリブデン
食物繊維
*ビタミンAはβ-カロテンの含有量を示します
   →詳しくはビタミンAの説明へ
*ビタミンEはトコフェロールαを示します
   →詳しくはビタミンEの説明へ