豆乳 とうにゅう(soy milk)

本ページはプロモーションが含まれています


100gの栄養素含有量

豆乳の解説

  • 大豆をすり潰し、水を加えて煮詰めたものを漉した液体
    (漉して残ったものが「おから」)
  • 飲みやすく加工したものは「調整豆乳」
  • 漉してそのままの物は「無調整豆乳」
  • 豆乳をじっくり加熱したときに表面にできる薄皮が「湯葉」
  • 乳白色で大豆特有の青臭さがある
  • 牛乳に比べて低エネルギー、低脂肪、低糖質
  • 加熱するとタンパク質の凝固により分離しやすい

 

調理のポイント

  • 煮立たせない
    (具材は下茹でなどをして十分に柔らかくしておく)
  • とろみをつける
    (食材に小麦粉などをまぶすとよい)
  • 調整豆乳を使う
    (添加物が入っているので分離しにくい)

 

 

保存方法

  • パッケージに記載されている通りに保存する
  • 開封済みの場合は雑菌が繁殖しやすく腐りやすい
  • なるべく早く使うようにする

 

レシピ

  • スープ
  • ドレッシング
  • 茶碗蒸し
  • デザート

食品成分表

可食部100g当たり

とうにゅう(生)

エネルギー46kcal
タンパク質3.6g
脂質2.0g
炭水化物3.1g
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE0.1mg
ビタミンK4㎍
ビタミンB10.03mg
ビタミンB20.02mg
ビタミンB60.06mg
ビタミンB12
ビタミンC
ナイアシン1.4mg
葉酸28㎍
パントテン酸0.28mg
ビオチン3.9㎍
ナトリウム2mg
カリウム190mg
カルシウム15mg
マグネシウム25mg
リン49mg
1.2mg
亜鉛0.3mg
0.12mg
マンガン0.23mg
ヨウ素
セレン1㎍
クロム
モリブデン54㎍
食物繊維0.2g
*ビタミンAはβ-カロテンの含有量を示します
   →詳しくはビタミンAの説明へ
*ビタミンEはトコフェロールαを示します
   →詳しくはビタミンEの説明へ

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用