赤味噌 あかみそ(Dark‐brown miso)


100gの栄養素含有量

赤味噌の特徴

  • 赤みがかった色の味噌
  • 大豆に米・麦・大豆の麹と塩を混ぜて発酵、熟成させて作られる
  • 赤味噌の塩分は11~12%と高い
    (江戸甘味噌の塩分は5~7%)
  • 赤味噌は主に東日本で作られている
  • 辛口が多く、濃厚なうま味がある

 

味噌の種類

米味噌こめみそ甘味噌あまみそ白味噌しろみそ
赤味噌あかみそ
甘口味噌あまくちみそ淡色味噌たんしょくみそ
赤味噌あかみそ
辛口味噌からくちみそ淡色味噌たんしょくみそ
赤味噌あかみそ
麦味噌むぎみそ甘口味噌あまくちみそ
辛口味噌からくちみそ
豆味噌まめみそ

*米味噌=大豆に米麹を加えて作ったもの
麦味噌=大豆に麦麹を加えて作ったもの
豆麹 =大豆に豆麹を加えて作ったもの

*塩加減、麹歩合で甘口と辛口がある

*様々な条件により仕上がりの色が異なる
仕上がりの色によって赤味噌、白味噌、淡色味噌に分かれる

味噌の働き

  • 味噌は医者いらずというほど栄養価が高い
  • 生活習慣病、老化防止などの効果があるとされています

 

味噌の歴史

  • 味噌の起源は古代中国
  • 日本へは直接中国から、あるいは朝鮮半島経由で奈良時代に伝わっていた
  • 当時は密祖(みそ)、未醤(みそ)とよばれ、流通していた
  • 平安時代には市販され、室町時代には一般庶民の間で流通する
  • 江戸時代には生産されるようになった

 

 

味噌の重量

小さじ6g
大さじ18g
1カップ230g

調味料別の重量表はコチラ

 

味噌の保存方法

  • 開封前でも冷蔵庫に保存する方が良い
  • 開封後は密封容器に入れ、冷蔵庫で保存する
  • 冷凍庫で味噌は凍らないので保存できる
  • 夏場などでは色が濃くなる現象が起きる
    (濃くなっても体に害はないが早めに食べきる)

 

栄養素含有量

可食部100g当たり

赤色辛みそ(米味噌)

エネルギー186kcal
タンパク質13.1g
脂質5.5g
炭水化物21.1g
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE0.5mg
ビタミンK11㎍
ビタミンB10.03mg
ビタミンB20.1mg
ビタミンB60.12mg
ビタミンB12
ビタミンC
ナイアシン3.4mg
葉酸42㎍
パントテン酸0.23mg
ビオチン13.7㎍
ナトリウム5100mg
カリウム440mg
カルシウム130mg
マグネシウム80mg
リン200mg
4.3mg
亜鉛1.2mg
0.35mg
マンガン
ヨウ素 1㎍
セレン8㎍
クロム1㎍
モリブデン72㎍
食物繊維4.1g
*ビタミンAはβ-カロテンの含有量を示します
   →詳しくはビタミンAの説明へ
*ビタミンEはトコフェロールαを示します
   →詳しくはビタミンEの説明へ

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用