【よくわかるレシピ】筍の土佐煮

【英語表記】Boiled bonito of bamboo shoots


 

食材と調味料

食材

筍の水煮500g
削り節30g~

 

調味料

調味料
分量
 割合
出汁300cc6
薄口醤油20cc0.4
濃口醤油20cc0.4
砂糖15g0.3
みりん50cc1
50cc1

大さじ、小さじの重量一覧表(g)

 

作り方

当レシピについて5つのポイント

①下ごしらえ

筍の水煮食べやすい大きさにカットする
市販の物は熱湯で茹で、水にさらす
削り節フライパンで乾煎りして、細かく潰す
(焦げないように注意する)
細かい物はそのままで良い

②味付けする

  1. 鍋に味醂と削り節以外を入れる
  2. アクを取りながら強火~中火で煮ていく
  3. 出汁が少なくなったら味醂を加える
  4. 落し蓋をしてしばらく煮る
    (好みの味で止める)

③削り節をまぶす

  1. 火を止める直前に削り節を加える
  2. サッと混ぜ、火を止める

 

ワンポイント

★筍の土佐煮について

土佐煮とは「土佐」の名物である鰹節を使った煮物料理。削り節は大きい物だと塊になりやすいので、少し細かくすると食べやすい。筍は煮崩れしないので失敗しにくい

★食材について

市販の筍の水煮は一度、湯通しすることで薬品臭さを抜くとよい。自分であく抜きをしたものはそのまま使う

★アレンジ

  • 混ぜご飯
  • とろみをつける

 

 

失敗の原因と解決法

味が薄い煮込み不足
分量間違い
もう一度火にかけ煮詰める
味が濃い煮込みすぎ
分量間違い
水を加え、味を調整する
濃すぎる場合は出汁を全部捨て味をつけなおす
焦げた火が強い
混ぜ不足
焦げてない部分を取り出し、味をつけなおす
甘い分量間違い火にかけ、味を調整する
(水と醤油を入れる)