杏 あんず(apricot)




100gの栄養素含有量

おいしい時期

  • ⑥➆月

 

野菜の解説

  • カロテンの含有量が多い
  • 干したものはさらにカロテンが多くなる
  • リンゴ酸、クエン酸などの有機物が多く、食欲増進便秘に効果がある
  • アミノ酸の一種「ギャバ」を含みストレス軽減する
  • 果皮に張りがあり、ふっくらと丸く、身が締まっているものが良い

 

保存方法

  • ビニール袋に入れ冷蔵庫
  • 日持ちしないので2~3日で食べきる

 

レシピ

  • 杏ジャム
  • 杏酒
  • 杏のコンポート
  • 杏のシロップ煮

九州旬の果物巡り
ちょっとやわらかめ宅配食はこちら

食品成分表

可食部100g当たり

あんず(生)

エネルギー36kcal
タンパク質1.0g
脂質0.3g
炭水化物8.5g
ビタミンA1400㎍
ビタミンD
ビタミンE1.7mg
ビタミンK
ビタミンB10.02mg
ビタミンB20.02mg
ビタミンB60.05mg
ビタミンB12
ビタミンC3mg
ナイアシン
葉酸2㎍
パントテン酸0.3mg
ビオチン0.5㎍
ナトリウム2mg
カリウム200mg
カルシウム9mg
マグネシウム8mg
リン15mg
0.3mg
亜鉛0.1mg
0.04mg
マンガン0.21mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン1㎍
食物繊維1.6g

自然食品・無添加食品・オーガニック通販の専門店【ブラウンビレッジ】