干瓢 かんぴょう(Dried gourd shavings)

本ページはプロモーションが含まれています


100gの栄養素含有量

おいしい時期

かんぴょう

*数字をクリックで各月の歳時記を表示します

 

野菜の解説

  • 「夕顔(ゆうがお)」と呼ばれる植物の実を薄く帯状に剥いて干したもの
    *夕顔は朝顔と名前は似ているが全く別のウリ科の植物
  • 栃木産のかんぴょうが国内生産の約90%をまかなっています
  • 生産時期は7~9月ですが乾物なので年中流通する

 

干瓢の戻し方

  1. かんぴょうを水でサッと洗う
  2. ボールに移し、塩を少々いれ揉む
  3. 鍋に塩もみした干瓢、水を入れ火にかける
  4. 沸騰してから弱火で10分ほど煮る
    (硬さを見ながら好みの固さになるまで)
  5. 流水に取りよく揉み洗いする
  6. 水気をよく絞る

保存方法

  • 湿気に弱いので注意する
  • 開封後は早く使い切る

 

レシピ

  • 巻きずし、ちらし寿司
  • 甘辛煮
  • ナムル
  • 酢漬け
  • 卵とじ

食品成分表

可食部100g当たり

かんぴょう(茹で)

エネルギー28kcal
タンパク質0.7g
脂質
炭水化物7.2g
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE0.1mg
ビタミンK
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンC
ナイアシン0.4mg
葉酸7㎍
パントテン酸
ビオチン
ナトリウム1mg
カリウム100mg
カルシウム34mg
マグネシウム10mg
リン16mg
0.3mg
亜鉛0.2mg
0.08mg
マンガン0.14mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
食物繊維5.3g
*ビタミンAはβ-カロテンの含有量を示します
   →詳しくはビタミンAの説明へ
*ビタミンEはトコフェロールαを示します
   →詳しくはビタミンEの説明へ

自然食品・無添加食品・オーガニック通販の専門店【ブラウンビレッジ】