蕪 かぶ(turnip)

本ページはプロモーションが含まれています




100gの栄養素含有量

おいしい時期

かぶ

*数字をクリックで各月の歳時記を表示します



野菜の解説

  • 年中出回るが冬の方が甘みが強くおいしい
  • 別名「スズナ」といわれ、七草のひとつ
  • 葉付きで買ってきたときはすぐに切り離す
  • 葉は栄養価が高く、みそ汁や、漬物などに
  • 葉にはカロテン、ビタミンなどが豊富で美容効果あり
  • 白い部分(根)は胸やけや胃もたれ解消に
  • 焼き加減で香ばしさや食感などが変化する

 

良い食べ合わせ

 

 

保存方法

  • 濡れた新聞紙にくるみ野菜室
  • 葉に水分を奪われていくのですぐに切り落とす

 

 

主な品種群

  • サラダ蕪
  • 聖護院蕪
  • 黄蕪
  • 飛騨紅蕪
  • 天王寺蕪

レシピ

  • 蕪蒸し
  • 味噌汁
  • 千枚漬け
  • 漬物

食品成分表

可食部100g当たり

かぶ(生)皮むき

エネルギー21kcal
タンパク質0.6g
脂質0.1g
炭水化物4.8g
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK
ビタミンB10.03mg
ビタミンB20.03mg
ビタミンB60.07mg
ビタミンB12
ビタミンC18mg
ナイアシン0.7mg
葉酸49㎍
パントテン酸0.23mg
ビオチン1.0㎍
ナトリウム5mg
カリウム250mg
カルシウム24mg
マグネシウム8mg
リン25mg
0.2mg
亜鉛0.1mg
0.03mg
マンガン0.05mg
ヨウ素 –
セレン
クロム
モリブデン1㎍
食物繊維1.4g
*ビタミンAはβ-カロテンの含有量を示します
   →詳しくはビタミンAの説明へ
*ビタミンEはトコフェロールαを示します
   →詳しくはビタミンEの説明へ

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用