鮪 まぐろ(tuna)




100gの栄養素含有量

おいしい時期

  • ①②⑩⑪⑫月

解説

  • 日本は世界一のマグロ消費国(世界の水揚げの約55%を消費している)
  • 国産天然の旬は冬だが、輸入や冷凍、養殖などにより年中楽しめる
  • 冷凍の仕方や解凍の仕方によって味が大きく変わる
  • 家庭での冷凍は避けた方が良い
  • 養殖は脂が強いために白っぽく、身が柔らかい

 

冷凍マグロの解凍方法

  1. 50~60度の塩水(塩分濃度3%)に200gのマグロを約1分間入れる
    マグロは密閉袋に入れたまま
  2. 表面が柔らかくなったら袋から取り出し水分を良く拭く
  3. キッチンペーパなどに包み冷蔵庫に移す
  4. 冷蔵庫内で自然解凍する(約20分で解凍できる)

 

地方名

      • ホンマグロ
      • カキノタネ
      • マメジ
      • ヨコワ
      • シビコ

 

目利き

      • 筋が少なく、直方体(角がきれい)な柵が良い
      • 黒い斑点やドリップ(水分)が出ているものは鮮度が悪い
      • 筋が多く形がいびつなものは尾に近い部分なので避ける


仲間

      • めばちマグロ
      • キハダマグロ
      • ビンナガマグロ
      • クロマグロ
      • ミナミマグロ
      • コシナガマグロ

 

レシピ

      • 鮪の刺身、すし
      • 鮪の角煮
      • 鮪のハンバーグ
      • 鮪丼
      • マグロステーキ




栄養素含有量(100g当たり)

クロマグロ(赤身、生)

エネルギー125kcal
タンパク質26.4g
脂質1.4g
炭水化物0.1g
ビタミンA83㎍
ビタミンD5.0㎍
ビタミンE0.8mg
ビタミンK
ビタミンB10.1mg
ビタミンB20.05mg
ビタミンB60.85mg
ビタミンB121.3㎍
ビタミンC2mg
ナイアシン14.2mg
葉酸8㎍
パントテン酸0.41mg
ビオチン1.9㎍
ナトリウム49mg
カリウム380mg
カルシウム5mg
マグネシウム45mg
リン270mg
1.1mg
亜鉛0.4mg
0.04mg
マンガン0.01mg
ヨウ素14㎍
セレン110㎍
クロム
モリブデン
食物繊維

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください