【よくわかるレシピ】里芋の土佐煮

【英語表記】Boiled Tosa of taro


 

食材と調味料

食材

里芋
かつお節

 

 

作り方

当レシピについて5つのポイント

①下ごしらえ

里芋よく洗い、皮を剥く
塩もみしてヌメリを取る

②里芋を下茹でする

  1. 里芋をボウルにいれ、塩もみする
  2. サッと水で流し、ぬめりを取る
  3. 鍋に米のとぎ汁と里芋を入れ、火にかける
  4. 沸騰したら、中火にして竹串がスッと通るまで茹でる
    (ふきこぼれないように)
  5. 火から下ろし、流水にさらす
  6. 里芋のヌメリを取り除く

③出汁を合わせる

  1. 鍋に調味料を入れ、里芋を入れる
  2. 火にかけ、沸騰直前に弱火にする
  3. 弱火で約5~10分程度煮る
    (焦げないように注意する)
  4. 仕上げにかつお節を揉みながら入れ、サッと混ぜる

 

ワンポイント

★里芋の土佐煮について

里芋のヌメリを取るのがポイント。煮崩れる前に弱火にして、里芋が踊らないように。土佐煮はかつお節を使った煮物。最終的に出汁は少なくなる感じで仕上げるとよい。かつお節は揉んで細かくする。

★食材について

手がかゆくなる時は、手に酢を塗るとかゆくない。筍や蒟蒻、牛蒡などを使っても良い。

【茹でてから皮を剥く方法】

  1. 里芋をよく洗う
  2. 鍋に里芋と水と塩を入れ沸騰させる
  3. 10分~15分程度茹でたら、ザルに上げる
  4. 熱いうちに皮を剥く

 

失敗の原因と解決法

硬い煮不足もう一度、火にかける
レンジを利用する
柔らかい煮すぎ水気を切り、二次利用する
味が薄い調味料不足何が足りないかを判断して、調味料を入れ、もう一度火にかける
味が濃い分量間違い水を加え、味を調整する
濃すぎる場合は出汁を全部捨て味をつけなおす
焦げた火が強い
混ぜ不足
焦げた部分を取り除き、別鍋に入れ、味をつけなおす
甘い分量間違い 水を足して醤油
煮詰める