【よくわかるレシピ】薩摩芋の檸檬煮

本ページはプロモーションが含まれています

【英語表記】Simmered sweet potato with lemon flavor


 

食材と調味料

食材

薩摩芋2本
檸檬半分
くちなしの実1個

 

調味料

調味料
分量
 割合
5005
砂糖1001

大さじ、小さじの重量一覧表(g)

 

作り方

当レシピについて5つのポイント

①下ごしらえ

薩摩芋良く洗い、1センチ程度の輪切りにする
(皮は剥かない)
水にさらす
檸檬熱湯をかけ、ワックスを落とす
輪切りにする
くちなしの実つぶす
(半分に切っても良い)

②下茹でする

  1. 水に薩摩芋とくちなしの実を入れ、火にかける
    (くちなしの実はなくても良い
  2. 沸騰したら、火を弱めて5分したら火を止める
  3. そのまま放置して、色を入れる
    (くちなしの実がない場合はそのまま)
  4. 色が十分に入ったら水でサッと流す

③出汁を合わせ、材料を入れる

  1. 調味料を合わせて、火にかける
  2. 沸騰したら、②の薩摩芋を入れる
  3. 再度、沸騰したら火を弱める
  4. 檸檬を入れる
  5. 薩摩芋に火が通っている事を確認して火を止める

 

ワンポイント

★薩摩芋の檸檬煮について

薩摩芋の甘さや好みによって、砂糖の分量が大きく変わる。煮すぎると皮が剥がれてくるので、煮続けるのではなく火が通ったらすぐに火を止める。檸檬は絞り汁だけでも良い。

★食材について

薩摩芋によっては甘さが大きく変わることに注意する。クチナシの実は色を出すために使うのでなくても良い。レモンはなるべくなら国産の方が安心。

失敗の原因と解決法

硬い煮不足もう一度、火にかける
レンジを利用する
煮崩れた煮すぎ水気を切り、皮を取り除き、裏漉しして二次利用する
(スイートポテトなど)
味が薄い砂糖不足砂糖を入れ、火にかける
一晩おいてに含める
甘い砂糖が多い水を入れ、一煮立ちする