自宅でバリスタ並みのコーヒーを!究極のホームカフェガイド

ブログ » 自宅でバリスタ並みのコーヒーを!究極のホームカフェガイド
 

はじめに

「自宅でバリスタ並みのコーヒーを!究極のホームカフェガイド」では、自宅でカフェ品質のコーヒーを淹れる秘訣を紹介します。
まずは基礎。良質なコーヒー豆の選び方、適切な機材の選定、それらを使いこなす技術について紹介します。さらに、ポストコーヒーサブスクを利用して、世界のコーヒー豆を手に入れる方法も探ります。毎月届く新しい豆は、コーヒー体験を豊かにし、毎日のルーティンに新たな刺激をもたらします。
あなたのコーヒー愛をさらに深め、自宅でのコーヒータイムを格上げする一助となれば幸いです

 

ホームバリスタ基礎知識

コーヒーを深く味わう旅を始める前に、まずは基本から。
ホームバリスタになるためには、コーヒーの世界についていくつかの重要なことを知っておく必要があります

コーヒー豆の種類

コーヒー豆には主に2種類があります:アラビカ種とロブスタ種。アラビカ種は芳醇な香りと複雑な風味が特徴で、高品質なコーヒーによく使われます。ロブスタ種は苦みが強く、耐病性に優れています。自宅でどんな味のコーヒーを楽しみたいかによって、豆を選びましょう。

焙煎の度合い

コーヒー豆の焙煎度合いは、浅煎りから深煎りまで様々です。あなたが好む味に合わせて、焙煎度を選びましょう。
■浅煎り  酸味が強く、苦みは控えめ。柔らかい口当たり
■中煎り  酸味と苦味と甘みのバランスが良く、あっさりした味わい
■深入り  酸味はほとんどなく、苦味・コクがあり濃厚な味わい

コーヒー豆の挽き方の種類

5つの挽き方と適した淹れ方
■極細挽き エスプレッソ
■細挽き  ウォータードリップ
■中細挽き ペーパードリップ、コーヒーメーカー
■中挽き  フレンチプレス、サイフォン、ネルドリップ
■粗挽き  パーコレーター、金属フィルターのドリップ

挽き方が細かくなればなるほど、お湯との接触面積が最も大きくなり、味わいは濃くなり、苦味が出やすくなります。逆に粗いと苦味が少なく、酸味が出やすくなるのが特長です。

 

自宅カフェの必需品

微妙な手加減がコーヒーの味を決めるハンドドリップを紹介します。自宅でカフェのような味にするために、いくつかのアイテムが必要です。ここでは、自宅でハンドドリップのコーヒーを楽しむための「必需品」を紹介します。

コーヒー豆本格的なコーヒーを淹れるための機械。
これがあればケトルは不要
コーヒーミルコーヒー豆を挽く装置。挽いてあるコーヒーを使用するときは不要
計量スプーン
デジタルスケール
一定の味わいを実現するために必要。
ドリッパーコーヒーの粉を入れたフィルターをセットして固定するための器具
ペーパーフィルター細かい繊維がコーヒーがもつ油分や雑味を適度に漉してくれる。
ドリップポットお湯を注ぐ微妙な加減をコントロールできるポット
 

自宅でコーヒーを淹れる方法:ハンドドリップ

ハンドドリップをする方法を解説します。

ステップ1: コーヒー豆を挽く

コーヒーの味は、挽き方によって大きく変わります。細かければ味わいは濃くなり、苦味が出やすくなります。逆に粗いと苦味が少なく、酸味が出やすくなるのが特長。

ステップ2: ドリッパーにペーパーフィルターをセット

ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、熱湯で濡らしておくと、味がクリアになります。一般的には、コーヒー1グラムに対して水15~18グラムが目安

ステップ3: お湯を90~96度に沸かす

コーヒーを淹れる最適な水の温度は90~96度です。温度が高すぎると苦味が強くなり、低すぎると酸味が強くなります。この温度を守ることで、コーヒーの苦味と酸味のバランスがとれます

ステップ4: コーヒー豆を蒸らす

湯を少し入れ、20秒ほど蒸らすとコーヒー豆から二酸化炭素が放出され、味や香りを均一になります。

ステップ5: ゆっくりと抽出

残りのお湯をゆっくりと注いでいき、コーヒーを抽出します。最後の一滴まで抽出するとえぐみが出るので注意が必要です

コーヒーのハンドドリップ
 

ポストコーヒーサブスクの紹介

 

フィンカ センダ サルヴァヘ

爽やかな酸味の後に苦みが来る。すっきりした味でバランスが良い
フレーバ―ノート
ライムのような酸味とアーモンドの風味が特徴の複雑な味わいのコーヒー。

フィンカ センダ サルヴァヘ
 

パカヤリト

ダークで苦みが強い。酸味はあまりない。しっかりした苦みが特徴
フレーバ―ノート
ローストしたヘーゼル ナッツの甘さとダーク チョコレートの風味を混ぜた、チョコスプレッドを思わせます。

パカヤリト
 

ファミリア・ママニ ウォッシュド

深みがあり、しっかりしたコクがある。バランスの良いコーヒー。
フレーバ―ノート
カカオやカシューナッツを思わせる風味とクリーミィな口当たり。後味にビートシュガーの様な優しい甘み。

 

サブスクリプションの始め方

ポストコーヒーサブスクを始めるのは簡単です。コーヒー診断にアクセスし、質問に答えていくだけ。あとは、豆が届くのを待つだけで、自宅でカフェ品質のコーヒーを楽しむ準備が整います。
ポストコーヒーサブスクを利用することで、自宅 カフェ品質 コーヒーの世界が広がります。毎日のコーヒータイムをもっと楽しく、もっと特別なものにしてみませんか?

 

まとめ

コーヒー豆の選び方:
▶豆の種類と焙煎度合いが、コーヒーの味わいに大きな影響を与えます。

適切な器具の使用:
▶コーヒーメーカーやミル、ケトルなど、良い器具を使うことで、コーヒーの品質を向上させることができます。 

抽出方法の理解:
▶ハンドドリップなどの抽出方法をマスターすることで、自宅で理想的な一杯を淹れることができます。

ポストコーヒーサブスク
▶世界中の様々なコーヒー豆を試すことができ、常に新鮮なコーヒー体験を提供してくれます。

コーヒーと読書がよく合う。そんな読書はコチラから↓ ↓

 

関連記事

ポストコーヒーサブスク体験記:毎月届く極上の一杯
【コーヒー愛好家】新コーヒー発見とポストコーヒー
サブスクの醍醐味!40代男性に贈る究極のコーヒー体験
【発見】毎月変わるコーヒーのサブスク