【よくわかるレシピ】おからの炒り煮

本ページはプロモーションが含まれています


英語表記

simmered tofu pulp with vegetables

 

おいしくなるポイント

  1. おからの水分量はモノによって違う
  2. 材料は好みで変える
    (牛蒡、干し椎茸はあった方がよい)
  3. 下ごしらえでは食材の大きさを揃える
    (均一に火を入れ、見た目も美しくなる)

当レシピについて5つのポイント

 

食材と調味料

食材

おから300g
牛蒡50g
人参50g
干し椎茸2枚
油揚げ2枚
莢隠元5本

調味料

調味料
分量
 割合
出汁2005
薄口醤油200.5
濃口醤油200.5
砂糖100.25
みりん200.5
200.5

大さじ、小さじの重量一覧表(g)

 

作り方

①下ごしらえ

牛蒡小さい笹切り
人参千切り
干し椎茸戻して千切り
油揚げ熱湯をかけ、油抜き
莢隠元斜め切りにして下茹で

②調味料を合わせておく

  1. ボウルなどに調味料を合わせておく

③炒める

  1. 鍋に油をひき、おから、油揚げ、莢隠元以外を炒める
  2. しんなりしてきたら、おからと油揚げを入れて炒める
  3. 調味料をすべて入れ、かき混ぜながら炒る
  4. 弱火~中火にして焦げないように注意する
    (焦げそうになったら火から下ろす)
  5. 好みの柔らかさ、味になったら火からおろす

④仕上げ

  1. 火を止め、莢隠元を入れる
  2. 軽く混ぜる

 

アレンジ

  1. 炒めるときにごま油やオリーブオイルを入れ、香りをプラス
  2. 具材は多彩に応用できる
    (ひじき、きくらげ、蒟蒻、葱、豚肉、牛肉など)
  3. 鰹節で旨味を入れる

 

失敗したと感じた時は

味が薄く、柔らかいもう少し炒る
味が薄く、硬い味を見ながら醤油、味醂を加える
味が濃く、柔らかい水を加えてザルに上げ水気を切る。もう一度鍋に移し味を調整する
味が濃く、硬い硬さを調整しながら水を入れる
焦げた少しでも焦げると焦げた味が回ってしまうので焦がさない。万が一焦げた場合はすぐに新しい鍋に移す(この時に焦げた部分は入れない)

 

コメント

★おからについて

しっとりと仕上げるためには水分量を見極める。味が染みないことはないので煮詰める必要はない。おから自体の水分量は物によって違う。おからに旨味をしみ込ませるように作る。

★食材について

旨味をプラスできる食材が合う。色どりに人参、莢隠元。それに旨味が出る食材だけで十分においしい。青み野菜の変色に注意する。