【食中毒】腸炎ビブリオの潜伏期間と症状のまとめ

本ページはプロモーションが含まれています


起因菌

  • 腸炎ビブリオ

 

症状

  1. 潜伏期間 8~15時間(早い人で2~3時間)
  2. 症状   下痢、腹痛、嘔吐、発熱、重症の場合は脱水症状
  3. 備考   コレラに似た症状で死者は少なく、致命率は低い

 

汚染源

  • 生食する魚介類
  • 加工品
  • 魚介類を調理した後の調理器具や手
  • 漬物や塩辛など塩分が多い食品(二次汚染)
    *魚を切ったまな板で胡瓜を切り、漬物に。結果、漬物内で菌が繁殖)

 

 

特徴

  • 3%の食塩を好み、最も発育する
  • 増殖スピードが速い
  • 海水温が20度以上になると海水に大量に発生する
  • 海水20度時に獲れた魚には菌がついていると考えてよい
  • 水揚げから流通過程で増殖している可能性が高い
  • この菌の食中毒発生時期は5~9月に集中している
    (最近では冬場でもみられる)

 

 

予防方法

  • 真水に弱い(流水でよく洗う)
  • 熱に弱いので加熱調理する(60℃で10分)
  • 乾燥に弱く、低温(4度以下)では繁殖しない
  • 魚介類を流水でよく洗い流すのも効果的
  • 2次感染を防ぐため、調理器具、ふきんなどを乾燥、消毒
  • 調理から摂取まで短時間で済ませる方が良い






まとめ

  • 腸炎ビブリオは熱に弱いので十分に加熱する
  • 調理器具、ふきんの除菌を徹底する
  • 乾燥低温に弱いので冷蔵庫、冷凍庫は望ましい
  • 生食するときは十分に注意する
  • 調理した後はすぐに食べるか、冷蔵庫で保存する
  • 家庭にたどり着いた時には増殖している可能性がある
  • 流水で洗い流すと効果的

 

 

備考

「食中毒」一覧表

サルモネラ菌ボツリヌス菌
腸炎ビブリオセレウス菌
病原大腸菌ノロウイルス
ウエルシュ菌フグ中毒
カンピロバクター貝毒
エルシニア植物性自然毒
リステリア科学性食中毒
ブドウ球菌

 

「寄生虫」一覧表

アニサキストキソプラズマ
大複殖門条虫回虫
旋尾線虫ズビニ鉤虫
顎口虫鞭虫
肝吸虫肝蛭
横川吸虫赤痢アメーバ
日本海裂頭条虫ランブル鞭毛虫
ウェステルマン肺吸虫クリプトスポリジウム
旋毛虫エキノコックス
無鉤条虫広東住血線虫
有鉤条虫アンソン裂頭条虫