【よくわかるレシピ】和え物(Sauce-dressed Dishes)

和え物
 

和え物とは

和え物は酢物と似通った調理法で、下ごしらえした食材を和え衣を用いて和えた料理を指す。「お浸し」も和え物と同様の扱いでよい。献立の中では先付、前菜で食用増進をはかったり、中盤で前後の料理に起伏を持たせたり、終盤には口直し的に使われる。
副食の定番で胡麻和えや白和えなどが有名である。

 

和え物のコツ

大事なのは食材の下ごしらえ
下茹での長さで食感が変わるので好みの硬さで止める必要がある。下茹で後の水切りも重要で、水切りが出来てないと和え物の味がボケてしまう。和え物は提供する直前に和えた方が美味しく食べれる。

 

和え物の種類

和食の和え物は数多く種類があるが、基本的に「食材」と「和え衣」の組み合わせでできる。和え衣さえ習得できれば、食材を変えるだけでレパートリーは無限に増える。
★和え衣の一例
胡麻和え
辛し和え
酢味噌和え
白和え
梅和え
木の芽和え
友和え
山葵和え
おろし和え
土佐和え・・・など

 

よくわかるレシピ  ~和え物~

和え物の名前、季節、食材で検索できます

食材名前
春菊・茸春菊と茸のお浸し
菜花・からし菜花のからし和え
筍・木の芽筍の木の芽和え
水菜・舞茸水菜と舞茸のお浸し
莢隠元
胡麻
莢隠元の胡麻和え
豚肉
大根
豚バラ肉のおろしポン酢
プチトマトプチトマトの赤ワイン漬け
おかひじき
小柱
おかひじきと小柱の山葵和え