亜鉛(Zinc)

English page

特徴

  • 動物性食品や全粒粉に多く含まれる
  • 大人の体内に約2g存在する
  • 食品からの吸収率は約30%
  • 体内の酵素を正常に働かせる
  • 亜鉛は主に肝臓、腎臓、歯、骨、筋肉などに存在
  • タンニン、カフェインなどと結びつき体外へ排出される
  • ビタミンC、有機酸と一緒に摂ることで吸収率が上がる

働き

  • 体内の酵素を正常に働かせる
  • 新陳代謝を活発にする
  • 体内を酸化から守る
  • ホルモンや生理活性物質の合成・活性化
  • アルコールの解毒
  • アレルギー抑制

欠乏症

  • 細胞分裂が正常に行われなくなる
  • 肌荒れや脱毛、爪の異常、味覚の異常
  • ケガの治りの遅れ、貧血、免疫力の低下
  • 成長期では発育不良
  • 食用不振

過剰症

  • 普通の食事をしていれば過剰症の心配はありません
  • サプリメントでの過剰摂取により
  • 吐き気、下痢、胃腸障害、貧血

多く含む食材

食材 100g当たりの成分(mg)
牡蠣(水煮) 18.3
牡蠣(生) 14.5
牡蠣(フライ) 11.9
スモークレバー(豚) 8.7
片口鰯(田作り) 7.9
牛ひき肉(焼き) 7.6
ナチュラルチーズ/パルメザン 7.3
たたみいわし 6.6
牛 リブロース(茹で)輸入 6.5
牛 もも(茹で)輸入 7.5
たらばかに(水煮缶詰) 6.3
いたやがい(生) 6.1

まとめ

  • 大人の体内に約2g存在する
  • 食品からの吸収率はや30%
  • 動物性食品や全粒粉に多く含まれる
  • 新陳代謝を活発する
  • 体内を酸化から守る
  • アルコール分解にもかかわるので飲酒が不足の原因にも
  • 牡蠣にレモン汁で亜鉛の吸収率が上がる