ビタミンB1(Vitamin B1)

English page

特徴

  • 水溶性ビタミン
  • 豚肉に多く含まれている
  • 脚気という病気の原因はビタミンB1の欠乏
  • 熱に弱いので調理による損失が大きい
  • アルカリに弱い
  • 疲労回復ビタミンと呼ばれる
  • 多忙な人やスポーツをする人は不足しがち
  • 通常の食生活で過剰症はないが、サプリメントによる摂りすぎに注意
  • ニンニクや玉葱に含まれる「アリシン」と結合して「アリチアミン」になる
    (アリチアミンになると吸収率が良くなる)

働き

  • 手足の末梢神経の調整をする
  • 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
  • 糖質の補酵素の役目(糖質は脳のエネルギー源)
  • 糖質をエネルギーに変換してくれる
  • アルコールを分解する過程でビタミンB1が減少する
  • 二日酔いや疲労感を緩和する

欠乏症

  • 脚気
  • 手足のしびれ、むくみ
  • 食欲不振
  • 疲れやすい
  • 集中力の低下
  • 歩行困難、心機能の低下

過剰症

  • 過剰摂取しても体外に排出されるため心配なし
  • サプリメントの使用で過剰症の恐れがある
    (不眠症、頭痛、かゆみや皮膚症状など)

多く含む食材

食材 100g当たりの成分(mg)
豚ヒレ(焼き) 2.09
胡麻 1.25
豚モモ(焼き) 1.19
豚ロース(生) 0.96
すっぽん(生) 0.91
落花生 0.85
豚かたロース(生) 0.82
利尻こんぶ(素干し) 0.8
たらこ(焼き) 0.77
うなぎ(かば焼き) 0.75
ハム 0.7
ドライトマト 0.68

まとめ

  • 水溶性ビタミンで熱やアルカリに弱い
  • 過剰摂取分は体外に排泄されるのでこまめに摂取する
  • サプリメントによる過剰摂取に注意する
  • 二日酔い、疲労感を緩和する
  • 糖質をスムーズにエネルギーへ変換する
  • 飲酒、甘味食品などの摂りすぎで大量に消費される
  • ニンニク、玉葱、ニラなどと同時摂取で吸収率が上がる
  • 過剰症よりも欠乏症に注意するべき