【栄養素】ナイアシン(Niacin)

【栄養素】ナイアシン(Niacin)
 

ナイアシンの英語表記

Niacin

 

ナイアシンの特徴

  • 水溶性ビタミンでビタミンB群である
  • 別名【ビタミンB3】
  • 熱に強く、調理の過程で失われることはない
  • お酒を飲むほどナイアシンは消費される
  • アルコールを分解に不可欠なビタミン(ナイアシンが不足すると二日酔いしやすくなる)
  • 有毒物質を分解する役割を持つ
  • 酵素を活性化する役割をする
  • 血行促進する
 

 ナイアシンの働き

  • 糖質、脂質、タンパク質の代謝を助ける
  • アルコールの分解を助ける
  • 脳神経の働きを助ける
  • 皮膚や粘膜の炎症を防止する
  • 胃腸の働きを正常に保つ
 

ナイアシンの欠乏症

  • 通常の食事で欠乏症の心配はありません
  • お酒の飲みすぎで欠乏することがある
  • 手足炎症
  • 疲労感、幻覚症状、不安、うつ
  • 口内炎、皮膚炎、舌炎
 

ナイアシンの過剰症

  • 通常の食事で過剰摂取による健康被害はない
  • サプリメントでの過剰症に注意(皮膚が赤くなる、嘔吐、下痢、肝機能障害)
 

ナイアシンを多く含む食材

 

魚介類

食材食材100ℊ当たりの
ナイアシンの含有量(㎎)
たらこ スケトウダラ 焼き56.9㎎
かつお節45.0㎎
なまり節35.0㎎
びんなが まぐろ類 生20.7㎎
辛子明太子 スケトウダラ19.9㎎
鰹 春獲り 生19.0㎎
胡麻鯖 焼き18.5㎎
黄肌鮪 生17.5㎎
うるめ 丸干し16.2㎎
 

種実類

食材食材100ℊ当たりの
ナイアシンの含有量(㎎)
落花生 いり 大粒種23.1㎎
バターピーナッツ17.0㎎
チアシード 乾燥9.8㎎
練り胡麻6.8㎎
胡麻 炒り5.3㎎
 

きのこ類

食材食材100ℊ当たりの
ナイアシンの含有量(㎎)
舞茸 乾燥64.1㎎
椎茸 乾燥16.8㎎
エリンギ 焼き9.1㎎
えのきだけ 油いため7.2㎎
ひらたけ ゆで7.0㎎
 

野菜類

食材食材100ℊ当たりの
ナイアシンの含有量(㎎)
とうがらし 乾燥14.0㎎
ドライトマト 12.9㎎
落花生 茹で 未熟豆8.2㎎
蕪のぬか漬け 葉4.8㎎
嫁菜 生 葉3.2㎎
 

ナイアシンの食事摂取基準

ナイアシンの食事摂取基準

引用→ビタミン(水溶性ビタミン)(PDF:2,041KB)

 

ナイアシンについてまとめ

  • 別名 ビタミンB3
  • 水溶性ビタミンでビタミンB群
  • 熱に強い
  • アルコールを分解する
  • 飲酒時に消費される
  • 粘膜や皮膚を健康に保つ
  • 二日酔いを防止する
  • 血行を促進する
 

関連記事

35種類の栄養素 一覧表
年齢別 日本人の食事摂取基準表
【栄養素】ビタミンB1(Vitamin B1)
【栄養素】ビタミンD (Vitamin D)
【栄養素】ビタミンE(Vitamin E)