【栄養素】セレン(Selenium)

料理の基本 » 栄養素 » 【栄養素】セレン(Selenium)
 

セレンの英語表記

Selenium

 

セレンの特徴

  • 由来は燃焼するときに月のような光を放つ事からギリシャ語の「月」(selene)
  • セレン含有量の高い食品は魚介類である
  • 植物性食品と畜産物のセレン含有量は、それぞれ土壌と飼料中のセレン含有量に依存して変動する
  • 成人のセレンの摂取量は平均で約 100 µg/日に達すると推定されている
  • 主に体内の酸化を防止する
  • 抗酸化酵素の構成成分
  • 甲状腺ホルモンを活性化する酵素の構成成分
  • 体内を酸化から守る役割をする
  • 魚介類、肉類、卵に豊富に含まれている
  • ビタミンE、亜鉛と一緒に摂取することで抗酸化作用を高める
 

セレンの働き

  • 体内を酸化から守る役割をする
  • アミノ酸の代謝を助ける
  • 免疫力を正常に保つ
  • 甲状腺ホルモンを正常に保つ
  • ビタミンEの吸収を助ける
 

セレンの欠乏症

  • 普通の食事をしていれば欠乏症の心配はありません
  • 克山病(心筋症の一種)、関節症
  • 筋肉痛、皮膚の乾燥、生殖能力の低下など
  • ぜんそく、貧血
 

セレンの過剰症

  • 通常の食生活において過剰摂取が生じる可能性は低い
  • サプリメントの不適切な利用で過剰摂取の可能性がある
  • 爪の変形、脱毛、胃腸障害
  • 下痢、疲労、神経障害、肌荒れなど
 

セレンを多く含む食材

 

魚介類

食材食材100ℊ当たりの
セレン含有量(㎍)
かつお節 加工品320 ㎍
飛魚 焼き干し140 ㎍
ミナミマグロ 生120 ㎍
鰹 秋獲り 生100 ㎍
塩サバ 加工品78 ㎍
 

肉類

食材食材100ℊ当たりの
セレン含有量(㎍)
スモークレバー 豚81 ㎍
ヒレ 焼き 豚肉40 ㎍
ビーフジャーキー 牛肉38 ㎍
ささみ ソテー 鶏肉33 ㎍
とんかつ ヒレ 豚肉30 ㎍
 

穀類

食材食材100ℊ当たりの
セレン含有量(㎍)
スパゲティ 乾燥63 ㎍
強力粉 全粒粉47 ㎍
フランスパン29 ㎍
食パン 焼き25 ㎍
手延べ素麺 乾燥22 ㎍
 

たまご類

食材食材100ℊ当たりの
セレン含有量(㎍)
鶏卵 卵黄 生56 ㎍
鶏卵 卵黄 ゆで52 ㎍
うずら卵 全卵 生46 ㎍
うずら卵 水煮缶詰42 ㎍
鶏卵 目玉焼き35 ㎍
 

まめ類

食材食材100ℊ当たりの
セレン含有量(㎍)
凍り豆腐 乾燥19 ㎍
糸引き納豆16 ㎍
油揚げ 油抜き 焼き8 ㎍
きな粉7 ㎍
湯葉 乾燥7 ㎍
※乾燥品は乾燥した状態での100ℊ

引用→「日本食品標準成分表2020年版(八訂)

 

セレンの食事摂取基準

セレン

引用→ミネラル(微量ミネラル)(PDF:1,553KB)

 

セレンについてまとめ

  • 魚介類、肉類、卵などに含まれるため欠乏の心配なし
  • サプリメントによる過剰症に注意
  • 抗酸化作用がある
  • 免疫力を正常に保つ
 

関連記事

35種類の栄養素 一覧表
年齢別 日本人の食事摂取基準表
【栄養素】ナイアシン(Niacin)
【栄養素】炭水化物 (Carbohydrate)
【栄養素】食物繊維(Dietary fiber)