【栄養素】コレステロール(Cholesterol)

料理の基本 » 栄養素 » 【栄養素】コレステロール(Cholesterol)
【栄養素】コレステロール(Cholesterol)
 

コレステロールの英語表記

Cholesterol

 

コレステロールの特徴

  • コレステロールは「脂質」の一種で、体内に常時100〜150gが蓄えられている
  • そのうち、食事から摂取するコレステロールは15~20%
  • 残りの85~80%は肝臓で体内合成されている
  • LDLとHDLが存在する
    (LDL)=悪玉コレステロール=体内へコレステロールを運ぶ
    (HDL)=善玉コレステロール=余分なコレステロールの回収
  • コレステロール値を下げるには、1日25~30グラムの食物繊維の摂取が効果的
  • 口から摂取したコレステロールの量がそのまま血液中の総コレステロール値に反映されるわけではない

参考→e-ヘルスネットLDLコレステロール(LDLこれすてろーる)

 

コレステロールの働き

  • 脳神経や筋肉の働きを助ける
  • 細胞膜の主成分となっている
  • ホルモンを生成している
  • 脂肪の消化吸収を助ける胆汁酸を作る
  • 肌や髪をなめらかにする働きがある
 

コレステロールの欠乏症

  • 現在の食生活ではコレステロールが欠乏することはあまりありません
  • 細胞膜や血管が弱くなり免疫力が低下
  • 脳出血を起こしやすくなる
  • 動物性たんぱく質の摂取不足になる
  • 高齢者では、低栄養になる可能性がある
 

コレステロールの過剰症

  • 動脈硬化が進み、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる
  • 血管内膜にコレステロールが沈着した泡沫細胞が集まり、ドロドロしたおかゆのような塊(アテローム)ができる
  • 肥満の原因になる
 

コレステロールを多く含む食材

*食事によるコレステロールの摂取は血中のコレステロール値に直接的に影響を与えないことから、現在の食事摂取基準では、コレステロールの摂取量の基準値は定められていません。

 

卵類

食材食材100ℊ当たりの
コレステロール含有量(ℊ)
乾燥卵黄2300g
乾燥全卵1500g
卵黄 生1400g
卵黄 茹で1400g
ピータン アヒル卵680g
 

魚介類

食品食材100ℊ当たりの
コレステロール含有量(ℊ)
数の子 乾燥1000g
するめ 加工品980g
蛍烏賊 燻製930g
からすみ ボラ860g
田作り カタクチイワシ720g
 

肉類

食材食材100ℊ当たりの
コレステロール含有量(ℊ)
フォアグラ ガチョウ650
スモークレバー 豚480
肝臓 鶏 生370
豚 胃 ゆで250
牛 ミノ ゆで240
 

コレステロールの食事摂取基準

コレステロール

参照→「3脂質-厚生労働省

 

コレステロールについてまとめ

  • 善玉と悪玉があるが良い悪いというわけではない
    善玉=体内へコレステロールを回収する(HDL)
    悪玉=余分なコレステロールを運ぶ(LDL)
  • 食事で摂取=約20%。体内で生成=約80%
  • 口から摂取したコレステロールの量がそのまま血液中の総コレステロール値に反映されるわけではない
 

関連記事

【栄養素】n-3系脂肪酸(n-3 fatty acids)
【栄養素】エネルギー(Energy)
35種類の栄養素 一覧表
【栄養素】炭水化物 (Carbohydrate)
年齢別 日本人の食事摂取基準表