【栄養素】n-6系脂肪酸(n-6 fatty acid)

料理の基本 » 栄養素 » 【栄養素】n-6系脂肪酸(n-6 fatty acid)
n-6系脂肪酸(n-6 fatty acid)
 

n-6系脂肪酸の英語表記

n-6 fatty acid

 

n-6系脂肪酸の特徴

  • 正式名称「n-6系多価不飽和脂肪酸」
  • 通称「ω6脂肪酸(オメガ6脂肪酸)」
  • n-6系脂肪酸(エヌ、マイナス、ロクケイ、シボウサン)と読む
  • 日本人が食品から摂取するn-6系脂肪酸の98%はリノール酸
  • リノール酸の一部が体内でγ-リノレン酸を経て、さらにアラキドン酸にかわる
  • 酸化しやすい
  • 悪玉コレステロールと共に、善玉コレステロールまで低下させる

リノール酸
リノール酸は体内で合成できない必須脂肪酸の一つである
血中のコレステロール濃度を下げると言われています
大豆油やごま油などに多く含まれる

γリノレン酸(ガンマ-リノレン-サン)
母乳、カシス種子油、月見草油などに含まれている
食事などから必ず摂取するべきとされる必須脂肪酸のひとつ
健康な皮膚の構造と機能に関わる大切な栄養素

アラキドン酸
主に肉、卵、魚などに含まれている
加齢とともに体内でつくりだすことが難しくなると言われている
年を取るにつれて、減少してしまう成分である

参考→「脂質-厚生労働省

 

働き

  • 体内でリノール酸→リノレン酸、アラキドン酸を生成する
  • 免疫機能の調節
  • 胎児や乳児の健康な発育をサポートする
  • 動脈硬化の予防効果
  • 血圧を下げる
  • 血流を正常に保つ
 

欠乏症

  • 日本人の食生活では欠乏の心配はなし
  • まれに皮膚炎、発育不良、動脈硬化などの症状が出る
 

過剰症

  • 頭痛、嘔吐、発疹、脂肪肝
  • アレルギー症状の悪化
 

n-6系脂肪酸を多く含む食材

各食材100g当たりのn-6系脂肪酸の含有量を表にしました
魚介類は缶漬(油漬)が上位を占めています

 

油脂類

食材(油脂類)n-6系脂肪酸
成分量100gあたりg
サフラワー油(植物油脂類)69.97
ぶどう油(植物油脂類)63.10
ひまわり油(植物油脂類)57.51
綿実油(植物油脂類)53.51
とうもろこし油(植物油脂類)50.82
 

調味料及び香辛料

食品(調味料及び香辛料)N-6系脂肪酸
成分量100GあたりG
ラー油42.75
マヨネーズ(卵黄型)26.62
マヨネーズ(全卵型)18.02
フレンチドレッシング10.39
サウザンアイランドドレッシング10.08
 

種実類

種実類N-6系脂肪酸
成分量100GあたりG
くるみ(煎り)41.32
けし(乾燥)32.50
まつ(煎り)31.36
まつ(生)29.72
ブラジルナッツ(フライ)28.96
 

菓子類

菓子類N-6系脂肪酸
成分量100GあたりG
ポテトチップス12.01
ブリットル9.09
パイ皮8.56
ミートパイ7.39
デニッシュペストリー6.96
 

魚介類

魚介類N-6系脂肪酸
成分量100GあたりG
鰯類 / 缶詰 / 油漬11.45
かつお類 / 缶詰 / 油漬11.44
まぐろ類 / 缶詰 / 油漬フレークホワイト11.18
まぐろ類 / 缶詰 / 油漬フレークライト10.76
牡蠣 / 燻製 / 油漬缶詰9.51

参考→「日本食品標準成分表2020年版(八訂)

 

n-6系脂肪酸の食事摂取基準

n-6系脂肪酸の食事摂取基準

参照→「3脂質-厚生労働省

 

n-6系脂肪酸についてまとめ

  • 体内で「リノール酸」→「γリノレン酸」→「アラキドン酸」に変化する
  • 日本人が食品から摂取するn-6系脂肪酸の98%はリノール酸
  • 欠乏の心配はない(まれに発育不良、動脈硬化などの症状)
  • 過剰摂取で頭痛、嘔吐、発疹、脂肪肝、アレルギー症状の悪化
 
 

関連記事

【栄養素】タンパク質(Protein)
【栄養素】ビタミンA(Vitamin A)
【栄養素】エネルギー(Energy)
35種類の栄養素 一覧表
年齢別 日本人の食事摂取基準表