唐辛子 とうがらし(Red pepper)

English page
100gの栄養素含有量

おいしい時期

青とうがらし

赤とうがらし

*各数字で歳時記を表示

野菜の解説

  • 一部の地域では唐辛子の事を「こしょう」と呼ぶ
  • 独特の辛みの元はカプサイシン
  • 小さな唐辛子をつけて収穫したものは「葉唐辛子」と呼ばれ6月頃に収穫される
  • 青唐辛子が熟成されると赤唐辛子に変わる
  • 生の物にはビタミンCが豊富
  • 乾燥させたものは「鷹の爪」と呼ばれる
  • 皮に張りがあるものを選ぶ(硬く乾いたものは古い)
  • 未成熟で種の少ないのは辛味が強い

良い食べ合わせ

保存方法

  • しっかりと乾燥させて保存する
  • そのままで冷凍保存できる

主な品種群

  • ハラペーニョ
  • ハバネロ
  • 島唐辛子
  • 伏見辛
  • ベトナムオレンジ

レシピ

  • キムチ
  • ヤンニョン
  • 炒め物

食品成分表

可食部100g当たり

とうがらし(生)果実

廃棄率 9%
エネルギー 96㎉
水分 75.0g
タンパク質 3.9g
脂質 3.4g
炭水化物 16.3g
ナトリウム 6㎎
カリウム 760㎎
カルシウム 20㎎
マグネシウム 42㎎
リン 71㎎
2.0㎎
亜鉛 0.5㎎
0.23㎎
マンガン 0.27㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン) 6600㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα) 8.9㎎
ビタミンK 27㎍
ビタミンB1 0.14㎎
ビタミンB2 0.36㎎
ナイアシン 3.7㎎
ビタミンB6 1.0㎎
ビタミンB12
葉酸 41㎍
パントテン酸 0.95㎎
ビオチン
ビタミンC 120㎎
食物繊維(総量) 10.3g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用