おせち料理の意味 一覧表

おせち料理
 

おせち料理とは

  • おせち料理を漢字で書くと「御節料理
  • 英語で書くと「Japanese New Year Food
  • 本来、節会や節句に作られる料理を指す(季節の節目などに作られる)
  • 最も重要なのが「正月」だという事で正月料理を指すようになった
  • 「節目の日のための供物」という意味から「御節供(おせちく、おせつく)」と呼ばれたのが語源
  • 重箱に御節料理を詰めるようになったのは明治時代以降
  • 基本構成は「祝い肴三種・煮しめ・酢の物・焼き物」
  • 祝い肴三種は地域によって異なる
    関東=黒豆・数の子・田作り
    関西=黒豆・数の子・たたきごぼう
  • 一つ一つの料理は日持ちするように工夫されて作られている
  • 組重の諸説
    • 本来は五重だったと言われる
    • 五の重は土用を表すと言われる
    • 五の重は空にする(来年こそは一杯にできますようにの意)
    • 五の重は「控えの重」とする(好きなものを詰める
    • 五の重は酢の物をいれる
    • 四の重は「死」を連想させるため「与の重」と呼ばれる
    • 四段重は春夏秋冬を表すと言われる
  • 五の重の構成(例)
    • 一の重には祝い肴
    • 二の重には口取り
    • 三の重には鉢肴あるいは海川の幸または焼き物
    • 与の重には煮しめ(山の幸の煮物)
    • 五の重(先述のように説が分かれる)
  • 四の重
    • 一の重には祝い肴のうち三つ肴と口取り
    • 二の重には焼き物
    • 三の重には煮物もしくは酢の物
    • 与の重には酢の物もしくは煮しめ
  • 尚、地域により中身の種類や入っている場所が違いますので絶対ではありません
  • 壱の重=祝い肴、口取り
  • 弐の重=酢の物、焼き物
  • 参の重=煮物
    (重箱は上から順に壱の重、弐の重、参の重、与の重、五の重と数えます)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「御節料理御

 

祝い肴

数の子かずのこ卵が多い所から子孫繁栄しそんはんえい
黒豆くろまめマメに働けるように
田作りたつくり豊作祈願やなぎ
たたき牛蒡叩いて身を開いて開運
紅白かまぼこ紅白で縁起物
伊達巻だてまき巻物に見立ててて
昆布巻きこぶまきよろこぶの語呂合わせ
栗きんとん栗金団と書き、金運
ちょろぎ長老木と書き、長寿
錦玉子にしきたまご金銀を表し、財産
  
  
 

焼き物・酢の物

ぶり出世魚で出世を願う
小肌こはだ出世魚で出世を願う
たいめでたいの語呂合わせ
海老えび腰が曲がるまで長寿
紅白なます紅白で縁起物
だこタコ=多幸(幸が多い)
菊花きっかかぶ菊は邪気払い
常節とこぶし別名=フクダメ(福を溜める)
うなぎうなぎ上り=出世
金柑きんかん金柑=金冠 (財宝)
海鼠なまこ形が俵型=豊作
棒鱈ぼうだら鱈=鱈腹、鱈福(たらふく)
  
  
 

煮物

牛蒡ごぼう地中にしっかり根を張る
蓮根れんこん将来の見通しが良い
里芋子宝、子孫繁栄
慈姑くわい芽が出る=出世
たけのこ成長が早い=出世、繁栄
手綱たづなこんにゃく縁を結ぶ
お多福豆おたふくまめ文字通り福が多い
梅人参うめにんじんめでたい梅の花、彩り
椎茸しいたけ武士の陣笠(兜の代用)に見立てて
ふき富貴=豊かな生活
  
  
 

関連記事