蓮根 れんこん(Lotus root)の特徴と栄養素

蓮根 れんこん(Lotus root)
 

蓮根の旬

新蓮根

蓮根

*数字をクリックで各月の歳時記にジャンプします

 

蓮根の解説

  • 蓮根は英語で「Lotus root」
  • 真ん中に1つの穴があり、それを囲むように9~10個の穴が開いている
  • 「見通しがきく」といって縁起物として節句やお祝いの席で使われる
  • 新れんこんの旬は6月~9月
  • 地域(種類)によって旬は異なるが通常は寒い時期
  • 新れんこんは柔らかくあっさりした味で水分が多い
  • 冬になると粘りが出て甘みが増す
  • 野菜には珍しいビタミンB1やB2が含まれる
  • ミネラルも多く、栄養の宝庫
  • 体を内側から綺麗にしてくれる栄養素が多い
  • 切ってすぐに水に浸け、空気に触れないようにするとアク抜きできる
  • 酢水を使う事により、より白くなる(使う料理によって酢水を使うとよい)
  • 酢水に長くつけていると、風味や粘りがなくなってしまうので注意
  • 切り方によって、歯ごたえが変わる
  • 輪切り=シャキシャキした食感(金平や酢の物、天ぷらなど)
  • 乱切り=味がしみ込み易い(煮物)
  • 縦切り=歯ごたえが残る(炒め物など)
 

蓮根の選び方

  • ふっくらと太い物が良品
  • 持った時にずっしりと重い物が良品
  • 穴の中が綺麗なものが新鮮で良品
  • 豊円で節間が長い物が良品
  • 表面はみずみずしくて張りのあるものを選ぶとよい
  • 節の部分でカットされているものを選ぶ方が良い
  • 古くなると、表面の艶がなくなり茶色いシミができる
 

相性の良い食材

 

保存方法

  • 湿らせた新聞紙に包み、ポリ袋に入れ冷蔵庫で保存する
  • 泥付きの物はそのままで保存する方が良い
  • カットしたものは切り口をラップして冷蔵庫で保存する
  • 新れんこんは傷みやすいので注意が必要

冷凍方法

  • 皮を剥いて、使いやすい大きさにカットして硬めに茹でて冷凍
  • 生のまま冷凍する場合は一度酢水につけて、水気を切って冷凍する
  • 冷凍するときは使いやすいサイズに切り、使う分量づつ冷凍するとよい
 

主な品種

  • 岩国れんこん(10月~2月)
  • 加賀れんこん(8月~5月)
  • 大口れんこん(10月~4月)
  • 備中ロースター
  • 志那
  • オオジロ
 

蓮根を使った料理

  • 蓮根饅頭
  • 辛子蓮根
  • 筑前煮
  • 酢蓮根
  • レンコンチップス
  • きんぴられんこん
  • 天ぷら
  • 炒め物
  • 酢の物
 

蓮根の栄養素(食品成分表

可食部100g当たり

れんこん(生)

廃棄率20 %
エネルギー66 kcal
水分81.5 g
タンパク質1.9 g
脂質0.1 g
炭水化物15.5 g
ナトリウム24 ㎎
カリウム440 ㎎
カルシウム20 ㎎
マグネシウム16 ㎎
リン74 ㎎
0.5 ㎎
亜鉛0.3 ㎎
0.09 ㎎
マンガン0.78 ㎎
ヨウ素9 ㎍
セレン1 ㎍
クロム
モリブデン1㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)3㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)0.6㎎
ビタミンK
ビタミンB10.1㎎
ビタミンB20.01㎎
ナイアシン0.4㎎
ビタミンB60.09㎎
ビタミンB12
葉酸14㎍
パントテン酸0.89㎎
ビオチン2.9㎍
ビタミンC48㎎
食物繊維(総量)2.0g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用
 野菜類/れんこん/根茎、生

 

関連記事