車海老 くるまえび(Kuruma prawn)

食材 » 魚介類 » 車海老 くるまえび(Kuruma prawn)

※本記事には広告が表示されます。

車海老 くるまえび(Kuruma prawn)
 

車海老の漢字と英語

Kuruma prawn

車海老
車蝦

魚介類の漢字と英語表記一覧表

 

車海老の旬

天然物

養殖物

*各数字で歳時記を表示
【月別】 旬の食材一覧表 【食の歳時記】

 

車海老とは ~解説~

  • 英語で「Kuruma prawn」
  • 漢字では「車海老」「車蝦」
  • 十脚目クルマエビ科に分類される
  • 体を丸めると車輪のように見えることから命名された
  • 産卵期は8~10月。成体は体長15cm。
  • メスの中には体長が30cmに達することもある
  • 大きいエビ(22㎝以上)は車海老、小さいエビはサイマキと呼ばれる
  • 味が良く、大きさが手ごろで成長が早い
  • 9割が養殖で天然物は数が少なく高価
  • エビは火を通すと赤くなる「アスタキサンチン」という色素を持っている
  • 車海老は茹でると見事に赤くなるので、人気が高い
  • 原則的に生きているものが流通する(死ぬと極端に値段が落ちる)

味わい
良質のタンパク質が多く、脂肪が少ない
解凍物よりも冷凍物の方が新鮮でおいしい
養殖物と天然物の獲れる時期が異なるため、ほぼ年中おいしく食べれる

海老のサイズ表はコチラ

 

地方名

  • マダラエビ
  • ホンエビ
  • マエビ
  • アエビ
  • サイマキ
  • マキ
  • ハルエビ
 

目利き

  • 死ぬと鮮度がすぐに落ちるので生きているものを選ぶ
  • 殻が白色がかって透明感があるものが新鮮
  • 腹は透明感のある白色の物が新鮮
  • 頭が黒(または赤っぽい)物は避ける
  • 生きてて身が透けて見え、しっかり詰まっているものが良い
  • 解凍物より冷凍物の方が良い
 

仲間

  • アシアカ
  • インドエビ
  • タイショウエビ
  • ブラックタイガー
  • バナメイ
 

くるまえびを使った料理

  • 刺身、すし
  • フライ
  • 天ぷら
  • 酒蒸し
  • 塩焼き
 

車海老の栄養素(食品成分表)

可食部100g当たり

くるまえび(生)養殖

廃棄率55 %
エネルギー90 ㎉
水分76.1 g
タンパク質21.6 g
脂質0.6 g
炭水化物
ナトリウム170 ㎎
カリウム430 ㎎
カルシウム41 ㎎
マグネシウム46 ㎎
リン310 ㎎
0.7 ㎎
亜鉛1.4 ㎎
0.42 ㎎
マンガン0.02 ㎎
ヨウ素4 ㎍
セレン35 ㎍
クロム
モリブデン1 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)49㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)1.6 ㎎
ビタミンK
ビタミンB10.11 ㎎
ビタミンB20.06 ㎎
ナイアシン3.8 ㎎
ビタミンB60.12 ㎎
ビタミンB121.9 ㎎
葉酸23 ㎍
パントテン酸1.11 ㎎
ビオチン2.6 ㎍
ビタミンC
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2020年版(八訂)から引用
 魚介類/<えび・かに類>/(えび類)/くるまえび/養殖/生

 

関連記事

1月 | 食の歳時記 | 睦月 |JANUARY
2月 | 食の歳時記 | 如月 | FEBRUARY
海老のサイズは世界基準(Shrimp size)
牡丹海老 ぼたんえび(Button shrimp)
車海老 くるまえび(Kuruma prawn)
甘海老 あまえび(Sweet shrimp)
芝海老 しばえび(Shiba shrimp)
桜海老 さくらえび(sakura shrimp)