牛蒡 ごぼう(Burdock)の特徴と栄養素

牛蒡 ごぼう(Burdock)
 

おいしい時期

葉牛蒡

新牛蒡

秋冬牛蒡

*数字をクリックで各月の歳時記にジャンプします

 

牛蒡の解説

  • 新牛蒡は柔らかく、香りが良い
  • 牛蒡を食べるのは日本だけといわれる
  • 葉牛蒡は葉や茎を食用とするために育てられた牛蒡で「若牛蒡」と呼ばれている
  • 中国では薬草として扱われる
  • 食物繊維が多く、腸内環境を整える効果がある
  • 水にさらすと出るアクは「ポリフェノール」
  • 水にさらすとうまみも出てしまうので注意する
  • 皮の方にうまみがあるので皮は剥かずによく洗う方が良い
  • 上側(太い方)と下側(細い方)で調理法を変えるとよい
  • 上側(太い方)は香りが強いので煮物や炊き込みご飯などがベスト
  • 下側(細い方)は食感が強いのできんぴらやサラダなどがベスト
  • 牛蒡を乾燥させ、お茶のように淹れると「牛蒡茶」として飲める
 

牛蒡の選び方

  • まっすぐでひび割れのない物が良品
  • 太さが均一の物を選ぶ
  • 肌が滑らかで、きめ細かい物が良品
  • ヒゲ根が多い物は避ける
  • 泥付きの方が風味が良い
 

相性の良い食材

 

保存方法

  • 新聞紙に包み、冷暗所で保存する
  • 土付きの物はそのままにして保存する
  • 洗い牛蒡や新牛蒡は袋に入れ野菜室で保存する
  • 上手に保存すれば、一か月は保存できる
  • 一か月保存できれば、甘みが増すと言われている

冷凍方法

  • 使いやすい大きさに切って生のまま冷凍する
  • ささがきにして硬めに茹でて小分けして冷凍
  • 好きな大きさにカットして炒めて冷凍
 

主な品種

  • 山ごぼう
  • 大浦ごぼう
  • 滝野川ごぼう
  • 堀川ごぼう
  • 葉ごぼう
  • 若ごぼう
 

牛蒡を使った料理

 

牛蒡の食品成分表

可食部100g当たり

ごぼう(生)

廃棄率10%
エネルギー65kcal
水分81.7g
タンパク質1.8g
脂質0.1g
炭水化物15.4g
ナトリウム18mg
カリウム320mg
カルシウム46mg
マグネシウム54mg
リン62mg
0.7mg
亜鉛0.8mg
0.21mg
マンガン0.18mg
ヨウ素2㎍
セレン1㎍
クロム1㎍
モリブデン1㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)1㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)0.6mg
ビタミンK
ビタミンB10.05mg
ビタミンB20.04mg
ナイアシン0.4mg
ビタミンB60.1mg
ビタミンB12
葉酸68㎍
パントテン酸0.23mg
ビオチン1.3㎍
ビタミンC3mg
食物繊維(総量)5.7g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用
野菜類/ごぼう/根、生

 

関連記事