蕪 かぶ(Turnip)

蕪 かぶ(Turnip)
 

蕪の旬

かぶ

↑各月の歳時記が見れます↑

 

蕪とは ~解説

  • 「かぶら」 「かぶな」とよばれる
  • 品種によって大小、赤色や円錐形など様々
  • 生食やシチュー、みそ汁、漬物などに使われる
  • 年中出回るが冬の方が甘みが強くおいしい
  • 蕪の葉は「スズナ」といわれ、七草のひとつ
  • 葉付きで買ってきたときはすぐに切り離す
  • 葉は栄養価が高く、みそ汁や、漬物などに使うとよい
  • 葉にはカロテン、ビタミンなどが豊富で美容効果がある
  • 白い部分(根)は胸やけや胃もたれ解消に良いと言われる
  • 焼き加減で香ばしさや食感などが変化する
  • 蕪は火を通すと柔らかいので注意する
  • 蕪の表面は張りと艶があるものを選ぶとよい
  • 葉は緑色でみずみずしい物が良い
  • 葉の付け根が変色しているものはさける

 

蕪と相性の良い食べ合わせ

 

保存方法

  • 葉付きで購入したときはすぐに葉を切り離す
    (葉に養分が奪われる)
  • 乾燥に弱いので乾燥を避けるように保存するとよい
  • 蕪と葉は別々に濡れた新聞紙に包み野菜室で保存する
  • 冷凍するときはカットして小分けして冷凍しましょう
 

主な品種群

  • 金町小かぶ
  • 大野紅かぶ
  • 温梅かぶ
  • 聖護院蕪
  • 日野菜かぶ
  • 金沢青かぶ
  • 今市かぶ
  • 天王寺蕪
 

蕪を使った料理

  • 蕪蒸し
  • 味噌汁
  • 千枚漬け
  • 漬物
  • サラダ
 

蕪の栄養素(食品成分表

可食部100g当たり

かぶ(生)皮つき

廃棄率9 %
エネルギー20 ㎉
水分93.9 g
タンパク質0.7 g
脂質0.1 g
炭水化物4.6 g
ナトリウム5 ㎎
カリウム280 ㎎
カルシウム24 ㎎
マグネシウム8 ㎎
リン28 ㎎
0.3 ㎎
亜鉛0.1 ㎎
0.03 ㎎
マンガン0.06 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)
ビタミンK
ビタミンB10.03 ㎎
ビタミンB20.03 ㎎
ナイアシン0.6 ㎎
ビタミンB60.08 ㎎
ビタミンB12
葉酸48 ㎍
パントテン酸0.25 ㎎
ビオチン
ビタミンC19 ㎎
食物繊維(総量)1.5 g

日本食品標準成分表2015年版(七訂) から引用

 

関連記事