真蛸 まだこ(octopus)

まだこ
 

真蛸の旬

まだこ(瀬戸内)

まだこ(三陸)

*各数字で歳時記を表示

 

真蛸とは ~解説~

  • 英語で「octopus」「Devil fish」
  • 漢字で「真蛸」
  • タコ目・マダコ科に属するタコ
  • 体長は約60 cm。腕は胴体の約3倍の長さがある
  • オスよりメスの方が大きくなる
  • 日本人は世界で最もタコを消費していると言われる
  • 市場には茹でたものの流通が多い
  • 国産のマダコは高価
  • 真蛸の卵を塩漬けや素干しにしたものが「海藤花(かいとうげ)」
  • 一般的に「タコ」といえば真蛸を指す
  • 瀬戸内では産卵期のものを「麦わらだこ」と呼ばれ旬である
  • 三陸地方では11~12月が旬

味わい
オスの方が身に締りがあり歯ごたえが良い
メスは身がふっくらとしていて柔らかめ
一般的にメスの方が味が良いとされる
国産は茹でると小豆色になり香りが高い
外国産はピンク色になり香りが少ない

 

地方名

  • いしだこ
  • たこ
 

目利き

  • 鮮度が良いものは弾力があり、身を押すと色が変わる
  • 大きい方がおいしい
  • 茹蛸は吸盤が小さく粒が揃っているものが良い
  • 表面は茶色で艶があり、切り口が乾いていないものが良い
 

仲間

  • ミズダコ
  • イイダコ
  • テナガダコ
 

真蛸を使った料理

  • 刺身、すし
  • 蛸のマリネ
  • タコ焼き
  • カルパッチョ
  • たこめし
  • 酢の物
  • 煮物
  • 燻製
  • 干物
  • しゃぶしゃぶ
 

真蛸の栄養素(食品成分表)

可食部100g当たり

まだこ(生)

廃棄率15%
エネルギー76㎉
水分81.1g
タンパク質16.4g
脂質0.7g
炭水化物0.1g
ナトリウム280㎎
カリウム290㎎
カルシウム16㎎
マグネシウム55㎎
リン160㎎
160㎎
亜鉛1.6㎎
0.3㎎
マンガン0.03㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)5㎍
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)1.9㎎
ビタミンK
ビタミンB10.03㎎
ビタミンB20.09㎎
ナイアシン2.2㎎
ビタミンB60.07㎎
ビタミンB121.3㎎
葉酸4㎍
パントテン酸0.24㎎
ビオチン
ビタミンC
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用

 
 

関連記事

2月 | 食の歳時記 | 如月 | FEBRUARY
3月 | 食の歳時記 | 弥生 | MARCH
槍烏賊 やりいか(Spear squid)
大根 だいこん(Japanese white radish)