マンガン(Manganese)

English page

特徴

  • 成人の体内でで約12~20mg存在する
  • 鉄を過剰に取るとマンガンの吸収率が悪くなる
  • 動物性食品に少なく、植物性食品に多い栄養素
  • 体内の組織や臓器に広く存在する
  • 酵素の構成成分になり、酵素を活性化する
  • 結合組織の合成や酸化防止

働き

  • 皮骨や皮膚の形成をする
  • インスリンの合成をする
  • 神経の機能を正常に保つ
  • 体内を酸化から守る
  • 体内のさまざまな代謝にかかわる

欠乏症

  • 通常の食生活で欠乏の心配はない
  • 骨格異常、骨粗鬆症、発育不良、肌荒れ
  • 高血糖、脂質代謝の低下、生殖能力の低下など

過剰症

  • 通常の食生活で過剰症の心配はない
  • サプリメントにより過剰摂取の可能性あり
    (精神障害、生殖能力の低下、免疫力の低下、腎炎、膵炎、肝障害)

多く含む食材

食材 100g当たりの成分(mg)
玉露(茶) 71.0
あおさ(素干し) 17.0
青のり(素干し) 13.0
しじみ(水煮) 7.30
 内臓(焼き) 6.19
生姜(生) 5.12
いたやがい(生) 4.90
不断草(茹で) 4.85
胡桃(煎り) 3.44
日本栗(生) 3.27
落花生 2.82
アーモンド(煎り) 2.46

まとめ

  • 成人の体内でで約12~20mg存在する
  • 鉄を過剰に取るとマンガンの吸収率が悪くなる
  • 動物性食品に少なく、植物性食品に多い栄養素
  • 通常の食生活で欠乏、過剰の心配はない