縞綱麻 モロヘイヤ (Jew’s mallow)

 

モロヘイヤのおいしい時期

モロヘイヤ

*各数字で歳時記を表示

 

モロヘイヤの解説

  • 「野菜の王様=ムルキーヤ」が語源とされる
  • カロテン、カルシウム、ビタミンB群など栄養素が豊富
  • クセがなく、かすかな甘みがある
  • 生ではアクが強いので火を通して食べる
  • 食べるのは葉だけで、基本的に茎は硬いので食べない
  • モロヘイヤは鮮度が落ちると固くなる
  • 新鮮なうちに茹でるのが美味しく食べるポイント
  • 若葉を食すので、葉に張りがあってみずみずしい物を選ぶ
  • ぬめり成分はムチン(ムチン=肝機能を高める効果)

*日本食品工業学会編の食品工業辞典の「むちん[ムチン]」の解説について、現在の科学的知見から以下のように訂正されている
(訂正前)動植物より分泌される粘質物一般をいう
(訂正後)動物より分泌される粘質物一般をいう

*参照HP 公益社団法人日本食品化学工学会

 

モロヘイヤと相性の良い食べ合わせ

 

モロヘイヤの保存方法

  • ビニール袋に入れて野菜室
  • サッと茹でて冷凍保存可能
 

モロヘイヤのレシピ

  • モロヘイヤ納豆
  • スープ
  • ナムル
  • 和え物
  • かき揚げ

 

モロヘイヤの食品成分表

可食部100g当たり

モロヘイヤ(生)

廃棄率0%
エネルギー38㎉
水分86.1g
タンパク質4.8g
脂質0.5g
炭水化物6.3g
ナトリウム1㎎
カリウム530㎎
カルシウム260㎎
マグネシウム46㎎
リン110㎎
1.0㎎
亜鉛0.6㎎
0.33㎎
マンガン1.32㎎
ヨウ素4㎍
セレン1㎍
クロム2㎍
モリブデン15㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)10000㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)6.5㎎
ビタミンK640㎍
ビタミンB10.18㎎
ビタミンB20.42㎎
ナイアシン1.1㎎
ビタミンB60.35㎎
ビタミンB12
葉酸250㎍
パントテン酸1.83㎎
ビオチン13.6㎍
ビタミンC65㎎
食物繊維(総量)5.9g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用

 
 

関連記事