鴈擬 がんもどき(Ganmodoki )

食材 » 加工食品 » 鴈擬 がんもどき(Ganmodoki )

※本記事には広告が表示されます。

英語の名称

  Ganmodoki

解説

  • 元々は精進料理で肉の代わりとして使われた
  • 豆腐をつぶして野菜と混ぜ、油で揚げたもの
  • 野菜はコーンや筍、蓮根など様々なものが使われているものがある
  • つなぎに山芋が使われていることが多い
  • 別名「がんも」「飛竜頭(ひりゅうず)」「ひろす」「ひろうす」
  • 語源はポルトガル語の「フィリョース」と言われる
  • おでんの具や煮物などによく使われる

下ごしらえ

  1. 鍋に熱湯を沸かし、その中でふり洗う
  2. ザルに上げる
  3. 冷めたら水気をよく切って使う

保存方法

  • 空気に触れないようにして冷凍保存
  • ビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存

レシピ

  • 煮物
  • おでん

がんもどきの栄養素 (食品成分表

可食部100g当たり

がんもどき

廃棄率0 %
エネルギー223 ㎉
水分63.5 g
タンパク質15.3 g
脂質17.8 g
炭水化物1.6 g
ナトリウム190 ㎎
カリウム80 ㎎
カルシウム270 ㎎
マグネシウム98 ㎎
リン200 ㎎
3.6 ㎎
亜鉛1.6 ㎎
0.22 ㎎
マンガン1.30 ㎎
ヨウ素32 ㎍
セレン4 ㎍
クロム8 ㎍
モリブデン60 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)1.5 ㎎
ビタミンK43 ㎍
ビタミンB10.03 ㎎
ビタミンB20.04 ㎎
ナイアシン0.2 ㎎
ビタミンB60.08 ㎎
ビタミンB12
葉酸21 ㎍
パントテン酸0.2 ㎎
ビオチン7.6 ㎍
ビタミンC
食物繊維(総量)1.4 g
「日本食品標準成分表(八訂)増補2023年」から引用