紫蘇 しそ(Japanese basil)

English page
100gの栄養素含有量

おいしい時期

赤紫蘇

青紫蘇

*各数字で歳時記を表示

野菜の解説

赤紫蘇

  • 葉の色の赤い物
  • 主に梅干しの色付け用として出回る
  • 酢につけると鮮やかな赤色になる
  • 赤紫蘇の若い芽の事を「紫芽(むらめ)」と呼ぶ
    *青芽と紫芽の総称を「芽紫蘇(めじそ)」という

青紫蘇

  • 葉の色が緑色の物
  • 「大葉」や「しそ」は青紫蘇を指す
  • 花穂の部分を花穂紫蘇(はなほじそ)、穂紫蘇(ほじそ)とよぶ
  • 花穂紫蘇=花をつけたもの
  • 穂紫蘇=花をつけ終わって実が熟す前の物
  • 青紫蘇の若い芽の事を「青芽(あおめ)」と呼ぶ
    *青芽と紫芽の総称を「芽紫蘇(めじそ)」という

特徴

    • カロテン、ビタミンB2、カルシウムが豊富
    • 抗酸化作用、防腐効果で刺身に添えられる
    • 100gで約100枚(一枚1g)
    • 葉先までピンとしていて切り口の変色のないものを選ぶ

良い食べ合わせ

保存方法

  • 湿らせたペーパーにくるみビニール袋に入れ野菜室で保存する
  • 水分が多すぎても、少なすぎても長持ちしない

主な品種群

  • 赤紫蘇
  • えごま
  • 穂じそ

レシピ

  • 青じその天ぷら
  • 刺身のつけあわせ
  • 梅干しや漬物の色付けに(赤じそ)

食品成分表

可食部100g当たり

しそ(生)

廃棄率 0%
エネルギー 37㎉
水分 86.7g
タンパク質 3.9g
脂質 0.1g
炭水化物 7.5g
ナトリウム 1㎎
カリウム 500㎎
カルシウム 230㎎
マグネシウム 70㎎
リン 70㎎
1.7㎎
亜鉛 1.3㎎
0.2㎎
マンガン 20.1㎎
ヨウ素 6㎍
セレン 1㎍
クロム 2㎍
モリブデン 30㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン) 11000㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα) 3.9㎎
ビタミンK 690㎍
ビタミンB1 0.13㎎
ビタミンB2 0.34㎎
ナイアシン 1.0㎎
ビタミンB6 0.19㎎
ビタミンB12
葉酸 110㎍
パントテン酸 1.0㎎
ビオチン 5.1㎍
ビタミンC 26㎎
食物繊維(総量) 7.3g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください