胡麻 ごま (Sesame)

胡麻 ごま(Sesame)
 

胡麻の英語表記

Sesame
Sesame seeds

 

胡麻の旬 ~おいしい時期~

ごま

*各数字で歳時記を表示

金ごまパウダー 1kg 金ゴマ 金胡麻 粉末 ふんまつ 送料無料 フリーズドライ 凍結乾燥 セサミン リッチ ビタミンE トコフェロール セレン リグナン カルシウム 鉄分 亜鉛 サプリメント サプリ 美容 ダイエット ファスティング 風味 旨味 金ごま いわし わかさぎ コク 牛乳 豆
 

胡麻とは ~解説~

  • 白胡麻、黒胡麻、金胡麻、茶胡麻の4種類ある(種子の外皮の色によって分類される)
  • 日本で出回ってる胡麻は99%が輸入品
  • ビタミンE、B、カルシウム、ミネラルが豊富な健康食品
  • 成分の55%は脂質
  • 老化防止、肝機能の改善、動脈硬化の防止などの効果が期待できる
  • 生のままでは種皮が固く香りも良くないので、通常は炒ったものを食べる
  • 炒るときは強火の遠火で炒る(焦げやすいので注意)

種類と特徴
 白胡麻=世界各地で生産される。ごま油の原料になる
 黒胡麻=主に東南アジア産。種皮の割合が多く、皮が硬い
 金胡麻・茶胡麻=コク、香りがある。高価で懐石料理でよく使われる

栄養素
白胡麻、黒胡麻、金胡麻、 茶胡麻の品種によって栄養成分にほとんど差がないが、黒胡麻の皮の部分にはタンニン系ポリフェノール色素を多く含んでいる
カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、亜鉛等のミネラルが多く含まれる
タンパク質、食物繊維、ナイアシン、ビタミンA、B1、B2、B6、Eや葉酸が豊富

 

良い食べ合わせ

 

保存方法

  • 高温多湿を避ける
  • 湿気が苦手なので、乾燥している場所で保管する
  • 冬は常温でも良いが、夏はなるべくなら冷蔵庫保管する(冷蔵庫からは使う分だけ出す)
  • すり胡麻はいりごまに比べると酸化しやすく風味が飛びやすいので早く使い切るのがベスト
  • 冷凍保存できるが、使う時の結露に注意する(解凍せずに小出しで使う)
 

主な品種群

  • 黒胡麻
  • 白胡麻
  • 金胡麻
 

胡麻を使った料理

  • 胡麻和え
  • 胡麻豆腐
  • 胡麻ドレッシング
  • 利休煮
 

胡麻の栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

ごま

栄養素いりねり
廃棄率0 %0 %
エネルギー605 ㎉646 ㎉
水分1.6 g0.5 g
タンパク質20.3 g19.0 g
脂質54.2 g61.0 g
炭水化物18.5 g15.6 g
ナトリウム2 ㎎6 ㎎
カリウム410 ㎎480 ㎎
カルシウム1200 ㎎590 ㎎
マグネシウム360 ㎎340 ㎎
リン560 ㎎670 ㎎
9.9 ㎎5.8 ㎎
亜鉛5.9 ㎎5.3 ㎎
1.68 ㎎1.5 ㎎
マンガン2.52 ㎎1.8 ㎎
ヨウ素
セレン27 ㎍22 ㎍
クロム4 ㎍5 ㎍
モリブデン110 ㎍150 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)7 ㎍7 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)0.1 ㎎0.1 ㎎
ビタミンK12 ㎍
ビタミンB10.49 ㎎0.32 ㎎
ビタミンB20.23 ㎎0.15 ㎎
ナイアシン5.3 ㎎6.8 ㎎
ビタミンB60.64 ㎎0.51 ㎎
ビタミンB12
葉酸150 ㎍99 ㎍
パントテン酸0.51 ㎎0.24 ㎎
ビオチン15.0 ㎍13.0 ㎍
ビタミンC
食物繊維(総量)12.6 g11.2 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」から引用

 
 

関連記事

栗 くり(Chestnut)
秋葵 オクラ(Okra)
莢隠元 さやいんげん(string beans)
湿地 しめじ(Shimeji)
枝豆 えだまめ(Green soybeans)

栗 くり(Chestnut)

栗 くり(Chestnut)
 

栗の英語表記

Chestnut
Japanese chestnuts

 

栗の旬 ~おいしい時期~

くり

*各数字で歳時記を表示

2021年度産 生栗 丹波栗2L 1kg 丹波篠山
 

栗とは ~解説~

  • イガ=皮、鬼皮=果肉、渋皮&中身=種
    ※イガは他の果物でいう皮に当たる
    ※一般的に栗の皮だと思われている鬼皮が果肉
    ※渋皮とその中身が種
  • ケーキの“モンブラン”は、栗とは関係ない
    ※フランス語で“モン”は山、“ブラン”は白という意味
  • 日本一の栗の木が山形県にある(樹齢は300年以上と推定される)
  • 皮に艶があり重い物が良い

栄養素
炭水化物を含む高カロリー食品
タンパク質、ビタミンC、B1、B2、ナイアシンを多く含む
栗のビタミンCはでんぷん質に含まれるので、加熱しても損失が少ない
渋皮にはタンニン、食物繊維が含まれるのでそのまま調理が良い

おいしい栗の見分け方
鬼皮(外側の硬い皮)に張りがある
鬼皮の茶色が濃い
指で押してもブカブカしていない
白いブツブツがついていない
座(底の部分)に黒っぽい箇所がない
座がベトベトしていない

 

栗の下処理

手軽な栗の食べかた
(1)沸騰した湯に生栗を入れる
(2)中火にして40分から50分ゆでる
(3)ゆで上がったら、やけどしないように注意し、包丁で縦半分に切る
(4)中身をスプーンですくい取って食べる

鬼皮のむき方
(1)生栗を熱湯に10分つけておく
(2)包丁で座から頭に向け、切り込みを入れる
(3)手で鬼皮をむく

渋皮のむき方
(1)沸騰した湯に鬼皮をむいた栗を入れる
(2)1分から2分ゆでる
(3)火を止めて鍋から出す
(4)手で触れるくらいに温度が下がるまで待つ
(5)手で渋皮をむく

農林水産省→知って得する「栗」のこと

 

良い食べ合わせ

 

保存方法

  • 栗は傷みやすいのでなるべく収穫した日に食べるのがおすすめ
  • ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存する(0℃付近が良い)
  • 常温放置すると鬼皮と渋皮の間についた卵が孵化するので注意
 

主な品種群

  • 銀寄(ぎんよせ)
  • 利平(りへい)
  • 筑波
  • 丹沢
  • ぽろたん
 

栗を使った料理

  • 栗の渋皮煮
  • 栗の甘露煮
  • 栗きんとん
  • 栗ご飯
  • 栗まんじゅう
  • 焼き栗
 

栗の栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

日本ぐり

栄養素茹で甘露煮
廃棄率20 %0 %
エネルギー152 ㎉232 ㎉
水分58.4 g40.8 g
タンパク質3.5 g1.8 g
脂質0.6 g0.4 g
炭水化物36.7 g56.8 g
ナトリウム1 ㎎7 ㎎
カリウム460 ㎎75 ㎎
カルシウム23 ㎎8 ㎎
マグネシウム45 ㎎8 ㎎
リン72 ㎎25 ㎎
0.7 ㎎0.6 ㎎
亜鉛0.6 ㎎0.1 ㎎
0.37 ㎎0.15 ㎎
マンガン1.07 ㎎0.75 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)24 ㎍15 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)
ビタミンK
ビタミンB10.17 ㎎0.07 ㎎
ビタミンB20.08 ㎎0.03 ㎎
ナイアシン1.0 ㎎0.3 ㎎
ビタミンB60.26 ㎎0.03 ㎎
ビタミンB12
葉酸76 ㎍8 ㎍
パントテン酸1.06 ㎎0.18 ㎎
ビオチン
ビタミンC26 ㎎
食物繊維(総量)6.6 g2.8 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」から引用

 
 

関連記事

椎茸 しいたけ(Shiitake)
酢橘 すだち(Sudachi)
柿 かき (Persimmon)
無花果 いちじく(fig)
9月 | 食の歳時記 | 長月 | SEPTEMBER

銀杏 ぎんなん (Ginko nuts)

銀杏 ぎんなん (Ginko nuts)
 

銀杏の英語表記

ginkgo
ginkgo nut

 

銀杏の旬 ~おいしい時期~

ぎんなん

*各数字で歳時記を表示

 

銀杏とは ~解説~

  • 生きた化石と言われるほど大昔からある樹木になる実の中身
  • 銀杏の木になる実の中の胚乳種を食べる
  • 銀杏にはオスの木とメスの木があり、身がなるのはメスの木
  • 独特の風味と食感を持った秋の味覚
  • 大量に食べると食中毒を起こすことがある
  • 子供には数を制限し、5歳未満には与えない方が良い
  • 銀杏にはメチルピリドキシン(MPN)という中毒物質が含まれている
  • 銀杏はアルカリ性で手がかぶれる

栄養
カロテン、糖質、ビタミンC、ビタミンBなどが豊富

メチルピリドキシン(MPN)とは
神経を興奮させ、けいれんや呼吸困難、手足の麻痺、不整脈など、さまざまな中毒症状を起こす可能性がある

 

銀杏の下処理

  1. 消銀杏を水に漬けておく(2~3日)
  2. 直接触らないように皮を剥く(ゴム手袋など使用)
  3. 天日干しをして乾燥させる
  4. 殻に亀裂を入れ、フライパンで乾煎りする
  5. 身を取り出し、塩ゆでして薄皮を取る
  6. この状態で冷凍保存できる
 

保存方法

  • 紙袋に入れて野菜室で保存
  • 殻を外し塩ゆでして薄皮を取って冷凍保存
【祖父江町山崎産銀杏】贈答品に最適量!久治銀杏2L 1kg(久寿銀杏)【9月上旬発送開始】
 

銀杏を使った料理

  • 焼き銀杏
  • 揚げ銀杏
  • 炒め物
  • 炊き込みご飯
  • サラダ
  • 茶碗蒸し
 

銀杏の栄養素(食品成分表)

可食部100g当たり

ぎんなん(生)

栄養素茹で
廃棄率25 %0 %
エネルギー168 ㎉169 ㎉
水分57.4 g56.9 g
タンパク質4.7 g4.6 g
脂質1.6 g1.5 g
炭水化物34.8 g35.8 g
ナトリウム1 ㎎
カリウム710 ㎎580 ㎎
カルシウム5 ㎎5 ㎎
マグネシウム48 ㎎45 ㎎
リン120 ㎎96 ㎎
1.0 ㎎1.2 ㎎
亜鉛0.4 ㎎0.4 ㎎
0.25 ㎎0.23 ㎎
マンガン0.26 ㎎0.25 ㎎
ヨウ素2 ㎍
セレン1 ㎍
クロム5 ㎍
モリブデン3 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)290 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)2.5 ㎎1.6 ㎎
ビタミンK3 ㎍3 ㎍
ビタミンB10.28 ㎎0.26 ㎎
ビタミンB20.08 ㎎0.07 ㎎
ナイアシン1.2 ㎎1.0 ㎎
ビタミンB60.07 ㎎0.02 ㎎
ビタミンB12
葉酸45 ㎍38 ㎍
パントテン酸1.27 ㎎1.02 ㎎
ビオチン6.2 ㎍2.8 ㎍
ビタミンC23 ㎎23 ㎎
食物繊維(総量)1.6 g2.4 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」から引用

 
 

関連記事

椎茸 しいたけ(Shiitake)
湿地 しめじ(Shimeji)
臭橙 かぼす(Kabosu)
食用菊 しょくようぎく(Edible chrysanthemum)

和蘭芹 パセリ (Parsley)

和蘭芹 パセリ (Parsley)
 

パセリの英語表記

parsley 

 

パセリの旬 ~おいしい時期~

パセリ

*各数字で歳時記を表示

GABAN パセリ(みじん切り) 100g   【ギャバン スパイス ハーブ ハウス食品 香辛料 業務用 オランダ芹】
 

パセリとは ~解説~

  • 標準和名は「オランダセリ」
  • 香りが良いセリ科のハーブ
  • パセリは精油成分を多く含むハーブの1つ
  • ハウス栽培されていて、年中市場に出回る
  • 料理の臭み消しや香り付けに利用される
  • 春、秋物は葉が柔らかくおいしい
  • 独特の香りを持ち、ハーブとして親しまれている
  • 種をまいてから1か月程度で収穫できる
  • 濃い緑色をしているものを選ぶとよい
    (黄色がかったものは鮮度が悪い)
  • 葉先までハリが良いものを選ぶ

味わい
独特の苦みと香りがある

栄養
栄養価が非常に高い
ビタミンA、B1、B2、C 、カルシウム、マグネシウム、鉄などが豊富
ミネラルも多く含む
パセリは油分を中和する働きがあるが、分解されずそのまま吸収される
青汁にして飲んだり、生の葉を食べたりすると消化不良、食欲不振、病後の疲労回復、貧血、生理不順などに 良いと言われる

香りの主成分「アピオール」
食欲増進作用があり、消化を助けて口臭を予防する働きがある
防腐効果もあり、食中毒予防に効果的と言われる

 

良い食べ合わせ

 

パセリの選び方

葉がきれいな緑色で光沢があるものが良い
葉が密集している方が良い
縮れの細かいものをが良い
葉が黄色っぽく変色、乾燥しているものは鮮度が落ちる

 

保存方法

  • ビニール袋に入れ野菜室で保存する(乾燥に弱いので乾燥しないようにする)
  • コップに水を張り、柄を差しておくと長持ちする
  • みじん切りにして冷凍保存できる
  • みじん切りにしてレンジで乾燥させて保存するとよい
 

主な品種群

  • イタリアンパセリ
  • 中里パセリ
  • ハンブルグパセリ
  • コリアンダー
  • チャービル
 

パセリを使った料理

  • パセリバター
  • 乾燥パセリ
  • 炒め物
  • 揚げ物
  • ソース
  • 和え物
 

手のひらのパセリ100g

手のひらのパセリ100g
 

パセリの栄養素 (食品成分表)

パセリ 葉

可食部100g当たり

乾燥
廃棄率10 %0 %
エネルギー34 ㎉341 ㎉
水分84.7 g5.0 g
タンパク質4.0 g28.7 g
脂質0.7 g2.2 g
炭水化物7.8 g51.6 g
ナトリウム9 ㎎880 ㎎
カリウム1000 ㎎3600 ㎎
カルシウム290 ㎎1300 ㎎
マグネシウム42 ㎎380 ㎎
リン61 ㎎460 ㎎
7.5 ㎎18.0 ㎎
亜鉛1.0 ㎎3.6 ㎎
0.16 ㎎0.97 ㎎
マンガン1.05 ㎎6.63 ㎎
ヨウ素7 ㎍22 ㎍
セレン3 ㎍7 ㎍
クロム4 ㎍38 ㎍
モリブデン39 ㎍110 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)7400 ㎍28000 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)3.3 ㎎7.2 ㎎
ビタミンK850 ㎍1300 ㎍
ビタミンB10.12 ㎎0.89 ㎎
ビタミンB20.24 ㎎2.02 ㎎
ナイアシン1.2 ㎎12.0 ㎎
ビタミンB60.27 ㎎1.47 ㎎
ビタミンB12
葉酸220 ㎍1400 ㎍
パントテン酸0.48 ㎎1.68 ㎎
ビオチン4.1 ㎍24.0 ㎍
ビタミンC120 ㎎820 ㎎
食物繊維(総量)6.8 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」 から引用

 
 

関連記事

3月 | 食の歳時記 | 弥生 | MARCH
4月 | 食の歳時記 | 卯月 | APRIL
黄青椒 パプリカ(Paprika)
水晶菜 アイスプラント(ice plant)
食用菊 しょくようぎく(Edible chrysanthemum)

酢茎菜 すぐきな(Sugukina)

酢茎菜 すぐきな(Sugukina)
 

すぐきなの英語表記

Sugukina

 

すぐきなの旬 ~おいしい時期~

すぐきな

*各数字で歳時記を表示

すぐき
 

すぐきなとは ~解説~

  • 葉が大きく、根は短い円錐形の野菜
  • 根も葉も漬物の利用される
  • 甘味が強く乳酸発酵が進みやすい野菜
  • すぐきには豊富な乳酸菌が含まれており、腸の働きを助ける
  • 京都の伝統野菜
  • 別名「酸菜(すいな)」「賀茂菜(かもな)」「屋敷菜(やしきな)」「御所菜(ごしょな)」「水茎(すいくき)」
  • 京都の漬物「すぐき漬」の原材料
  • 「すぐき漬」は日本で数少ない乳酸発酵漬物である
  • 京都の三大漬物(千枚漬け・柴漬け・すぐき漬け)
  • すぐき漬けは、京都の上賀茂・西賀茂地区の農家だけが漬けているので、京都以外にはあまり流通していない
 

選び方

  • 葉がきれいでみずみずしいものが新鮮
  • 根の部分は傷がなく張りのあるものが良い
 

保存方法

  • 保存する場合は葉部分と根部分と切り分けておく
  • 根部分は新聞紙で包み冷蔵庫保存する
  • 葉部分はラップで包み冷蔵庫保存する
 

すぐきなを使った料理

  • すぐきなの漬物
  • すぐきなの煮物
  • すぐきなのお浸し
  • すぐきなの味噌汁
  • すぐきなの炒め物
 

すぐきなの栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

すぐきな(生)

栄養素
廃棄率25 %8 %
エネルギー26 ㎉19 ㎉
水分90.5 g93.7 g
タンパク質1.9 g0.6 g
脂質0.2 g0.1 g
炭水化物5.4 g4.7 g
ナトリウム32 ㎎26 ㎎
カリウム680 ㎎310 ㎎
カルシウム150 ㎎26 ㎎
マグネシウム18 ㎎8 ㎎
リン58 ㎎35 ㎎
2.6 ㎎0.1 ㎎
亜鉛0.3 ㎎0.1 ㎎
0.06 ㎎0.03 ㎎
マンガン0.3 ㎎0.05 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)2000 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)3.8 ㎎
ビタミンK280 ㎍
ビタミンB10.08 ㎎0.03 ㎎
ビタミンB20.13 ㎎0.03 ㎎
ナイアシン1.1 ㎎0.7 ㎎
ビタミンB60.05 ㎎0.01 ㎎
ビタミンB12
葉酸200 ㎍50 ㎍
パントテン酸0.35 ㎎0.26 ㎎
ビオチン
ビタミンC73 ㎎13 ㎎
食物繊維(総量)4.0 g1.7 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」から引用

 
 

関連記事

蕪 かぶ(Turnip)
大根 だいこん(Japanese white radish)
金時人参 きんときにんじん(Kintoki carrot)
蓮根 れんこん(Lotus root)の特徴と栄養素

秋葵 オクラ(Okra)

秋葵 オクラ(Okra)
 

オクラ の英語表記

Okra
Gumbo
Lady’s finger
Lady finger

 

オクラの旬 ~おいしい時期

オクラ

*各数字で歳時記を表示

 

オクラ とは ~解説

  • 別名「カメリカネリ」「陸蓮根(おかれんこん)」
  • 細かい産毛が全体に生え、先がとがっているのが特徴
  • ペクチンは整腸効果&血中コレステロールを下げる効果
  • タンパク質の消化吸収を助け、胃炎や胃潰瘍の予防効果がある
  • 調理の際に酢を加えるとネバネバが消える
  • 赤オクラは茹でると緑色になる
  • 表面の産毛が均一なものが良い
  • 切り口(ヘタ)のみずみずしい方が新鮮
  • 産毛は塩で揉んで取る
  • ネバネバの元はペクチンとムチン

*日本食品工業学会編の食品工業辞典の「むちん[ムチン]」の解説について、現在の科学的知見から以下のように訂正されています
(訂正前)動植物より分泌される粘質物一般をいう
(訂正後)動物より分泌される粘質物一般をいう

*参照HP 公益社団法人日本食品化学工学会

オクラの下ごしらえ
①オクラに塩をまぶして、板ずりをして産毛を取る
※一本ずつ塩をつけ、手でこすって産毛をとっても良い
②ヘタを切り、ガクの部分を剥く

 

オクラ と相性が良い食べ合わせ

 

オクラ の保存方法

  • オクラは低温に弱いので、冷気に直接当たらないように工夫する
  • 新聞紙に包み、ビニール袋に入れ野菜室で保存
  • 硬めに塩ゆでして冷凍保存可能
  • 生のままでも冷凍可能
  • 冷凍するときは使いやすい状態にして冷凍するのがおすすめ
    下処理して使う用途に分ける(輪切り、乱切りなど)
 

オクラ の主な品種群

  • 丸オクラ
  • 角オクラ
  • 白オクラ
  • 八丈オクラ
  • ミニオクラ
  • 赤オクラ
 

オクラを使った料理

  • オクラ の含め煮
  • オクラ のサラダ
  • たたき オクラ
  • オクラ のおかか和え
  • オクラ のお浸し
 

手のひらの オクラ100g

手のひらのオクラ100g
 

オクラ の栄養素(食品成分表)

可食部100g当たり

おくら (果実)

栄養素茹で
廃棄率15 %15 %
エネルギー26 ㎉29 ㎉
水分90.2 g89.4 g
タンパク質2.1 g2.1 g
脂質0.2 g0.1 g
炭水化物6.6g7.6 g
ナトリウム4 ㎎4 ㎎
カリウム260 ㎎280 ㎎
カルシウム92 ㎎90 ㎎
マグネシウム51 ㎎51 ㎎
リン58 ㎎56 ㎎
0.5 ㎎0.5 ㎎
亜鉛0.6 ㎎0.5 ㎎
0.13 ㎎0.11 ㎎
マンガン0.48 ㎎0.48 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)670 ㎍720 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)1.2 ㎎1.2 ㎎
ビタミンK71 ㎍75 ㎍
ビタミンB10.09 ㎎0.09 ㎎
ビタミンB20.09 ㎎0.09 ㎎
ナイアシン0.8 ㎎0.8 ㎎
ビタミンB60.10㎎0.08 ㎎
ビタミンB12
葉酸110 ㎍110 ㎍
パントテン酸0.42 ㎎0.42 ㎎
ビオチン
ビタミンC11 ㎎7 ㎎
食物繊維(総量)5.0 g5.2 g

「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」から引用

 
 

関連記事

茄子 なす(Eggplant)

茄子 なす(Eggplant)
 

茄子 の英語表記

Eggplant
Aubergine

 

茄子 の旬 ~おいしい時期~

茄子

*各数字で歳時記を表示

 

茄子 とは ~解説~

  • 原産はインドと言われる
  • 調理しやすい野菜で煮、揚、蒸、炒などあらゆる料理に適合する
  • 形は卵型、丸型、長型に分類される
  • ハウス栽培で年中手に入る
  • 低たんぱく、低カロリーで栄養価はそれほど高くない
  • 皮に栄養素があるのでなるべく剥かずに調理する
  • 皮にはポリフェノールの一種でアントシアン系の色素(ナスニン)が含まれる
  • ナスニンは強い抗酸化力があり、コレステロールの吸収を抑える作用がある
  • 表面の色(紫紺色)が均一で艶のあるものが良い
  • ヘタが綺麗で、トゲがあるものが良い
  • 秋茄子は現在の秋ではなく旧暦の秋なので8~9月の物を指す
  • 年中出回るが、旬は夏。皮も柔らかく、果肉の水分も多い
 

良い食べ合わせ

 

保存方法

  • 風に当たらないように常温保存できる(3日ほど)
  • 冷気に当たらないように新聞紙にくるみビニール袋に入れ冷蔵庫保存
 

主な 品種群

  • 水ナス
  • 賀茂ナス
  • 長なす
  • 小茄子
  • 米茄子
  • 青なす
  • 白なす
 

茄子を使った料理

  • 茄子 の田楽
  • 茄子 の揚げ浸し
  • 茄子 のパスタ
  • 茄子 の天婦羅
  • 麻婆茄子
  • 茄子 の漬物
  • 焼き 茄子
 

茄子の栄養素 (食品成分表

可食部100g当たり

なす 果実

栄養素茹で油炒め
廃棄率0 %0 %
エネルギー17 ㎉73 ㎉
水分94g85.8 g
タンパク質1.0g1.5 g
脂質0.1g5.8 g
炭水化物4.5g6.3 g
ナトリウム1 ㎎
カリウム180 ㎎290 ㎎
カルシウム20 ㎎22 ㎎
マグネシウム16 ㎎21 ㎎
リン27 ㎎40 ㎎
0.3 ㎎0.4 ㎎
亜鉛0.2 ㎎0.2 ㎎
0.05 ㎎0.07 ㎎
マンガン0.15 ㎎0.20 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)100 ㎍190 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)0.3 ㎎1.4 ㎎
ビタミンK10 ㎍11 ㎍
ビタミンB10.04 ㎎0.06 ㎎
ビタミンB20.04 ㎎0.07 ㎎
ナイアシン0.4 ㎎0.7 ㎎
ビタミンB60.03 ㎎0.06 ㎎
ビタミンB12
葉酸22 ㎍36 ㎍
パントテン酸0.29 ㎎0.40 ㎎
ビオチン
ビタミンC1 ㎎2 ㎎
食物繊維(総量)2.1g2.6 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」から引用

 
 

関連記事

9月 | 食の歳時記 | 長月 | SEPTEMBER
8月|食の歳時記|葉月|August
米茄子 べいなす(egg plant black beauty)
青椒 ピーマン (Sweet pepper)
玉蜀黍 とうもろこし(sweetcorn)

莢隠元 さやいんげん(string beans)

莢隠元 さやいんげん(string beans)
 

莢隠元の英語表記

String beans
Sayaingen
French bean
Green bean

 

莢隠元の旬 ~おいしい時期~

さやいんげん

*各数字で歳時記を表示

サクサク王子ネオ 菜豆 PVP 1L 鞘隠元 サヤインゲン さやいんげん【サカタ 種 たね タネ】【通常6倍 5のつく日はポイント10倍 一万円以上の購入で4%OFFクーポン】
 

莢隠元とは ~特徴~

  • 原産地は中央アメリカからメキシコである
  • 別名「三度豆」「隠元豆」
  • 豆ではなく若いさやを食べ始めたのはイタリア人
  • インゲン豆は安価で低脂肪、高蛋白の非常に優れた食品
  • 昔は固い筋があったが、品種改良により気にならないものが多い
  • 成長が早く年に3回収穫できることから「三度豆」という
  • すぐに鮮度が落ちるので早めに食べる
  • 豆の形がはっきりと出てない方が多汁で甘みが強い
  • フランス料理・イタリア料理では白インゲン豆が煮込み料理が好まれる
  • 生または加熱不十分なインゲン豆を摂取すると、激しい嘔吐や下痢といった急性中毒症状が生じる

栄養素
カロテンを多く含む夏野菜
低脂肪、高蛋白
アスパラギン酸やリジンも含み疲労回復に役立つ

選び方
ハリがあり、莢の先までピンとしているものが良い
鮮やかな緑色で艶があるものが良い
肉厚で繊維が少なく極端に曲がっていない物を選ぶと良い

 

良い食べ合わせ

 

保存方法

  • 新聞紙に包み、野菜室で保存(低温に弱いので3~4日で使い切る)
  • サッと茹でて冷凍保存可能
 

主な品種群

  • モロッコいんげん
  • 金時豆
  • あきしまささげ
  • カラーインゲン
  • うずら豆
  • 十六ささげ
 

莢隠元を使った料理

  • 莢隠元の温野菜サラダ
  • 莢隠元のごまあえ
  • 莢隠元の煮びたし
  • 莢隠元の天ぷら
  • 炒め物
 

莢隠元の栄養素(食品成分表)

可食部100g当たり

さやいんげん  若ざや

ゆで
廃棄率0 %3 %
エネルギー25 ㎉23 ㎉
水分91.7 g92.2 g
タンパク質1.8 g1.8 g
脂質0.2 g0.1 g
炭水化物5.5 g5.1 g
ナトリウム1 ㎎1 ㎎
カリウム270 ㎎260 ㎎
カルシウム57 ㎎48 ㎎
マグネシウム22 ㎎23 ㎎
リン43 ㎎41 ㎎
0.7 ㎎0.7 ㎎
亜鉛0.3 ㎎0.3 ㎎
0.06 ㎎0.06 ㎎
マンガン0.34 ㎎0.33 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム1 ㎍
モリブデン34 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)500 ㎍520 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)0.2 ㎎0.2 ㎎
ビタミンK51 ㎍60 ㎍
ビタミンB10.06 ㎎0.06 ㎎
ビタミンB20.10 ㎎0.11 ㎎
ナイアシン0.5 ㎎0.6 ㎎
ビタミンB60.07 ㎎0.07 ㎎
ビタミンB12
葉酸53 ㎍50 ㎍
パントテン酸0.16 ㎎0.17 ㎎
ビオチン3.9 ㎍
ビタミンC6 ㎎8 ㎎
食物繊維(総量)2.6 g2.4 g

日本食品標準成分表2020年版(八訂)」から引用

 
 

関連記事

9月 | 食の歳時記 | 長月 | SEPTEMBER
柿 かき (Persimmon)
松茸 まつたけ(Matsutake)
藤豆 ふじまめ(Hyacinth bean)
青椒 ピーマン (Sweet pepper)

蔓紫 つるむらさき(Malabar spinach)

蔓紫 つるむらさき(Malabar spinach)
 

つるむらさき の英語表記

Malabar nightshade
Basella alba
Inndiann spinach

 

つるむらさき の旬 ~おいしい時期~

つるむらさき

*各数字で歳時記を表示

つるむらさき(ツルムラサキ) 栽培期間中農薬不使用・化学肥料不使用 埼玉県産 1袋
 

つるむらさき とは ~解説~

  • 夏が旬の青菜
  • アクが強いので下茹でして使う
  • 大きく分けて、つるが紫色と緑色の2種類がある
  • つるが緑色の種類は、緑茎種(青茎種)と呼ばれる
  • つるが紫色の種類は、紫茎種(赤茎種)と呼ばれる
  • 赤茎種のつるむらさきは食用としてよりも観賞用や染料の材料として使われることが多い
  • 葉、茎は肉厚で光沢がある
  • 葉や若い茎を収穫する
  • 花芽と呼ばれる夏から秋になると花芽をつけ、刺身の褄などに使われる品種がある

味わい
モロヘイヤのように独特の粘りがある
独特の土臭さ、青臭さがある

栄養素
カロテン、ビタミンC、鉄分など栄養満点の夏野菜
カルシウムはほうれん草の約4倍 、ビタミンCは約1.2倍

選び方
茎と葉が柔らくてみずみずしい物を選ぶ
あまり成長していないものが良い
濃い緑色をしているものを選ぶ
葉が分厚いものが良い

 

保存方法

  • つるむらさきはあまり日持ちしません
  • 湿らせたペーパーで茎を巻き、ビニール袋に入れて野菜室に立てて保存する
  • 硬めに茹でて冷凍保存可能

冷凍保存 方法
①良く洗い、茎と葉を分ける
②沸騰したお湯に少し塩を入れ、サッと茹でる
(茎と葉は火の通り方が違うので別に茹でる)
③氷水に落とし急冷する
④水気をよく絞って、カット
⑤密封袋に入れて、冷凍する

 

つるむらさき を使った料理

  • つるむらさき のお浸し
  • つるむらさき のてんぷら
  • つるむらさき の炒め物
  • つるむらさき の和え物
  • つるむらさき のナムル
  • つるむらさき の胡麻和え
 

つるむらさき の栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

つるむらさき (茎葉)

栄養素茹で
廃棄率0 %0 %
エネルギー11 ㎉12 ㎉
水分95.1 g94.5 g
タンパク質0.7 g0.9 g
脂質0.2 g0.2 g
炭水化物2.6 g3.2 g
ナトリウム9 ㎎7 ㎎
カリウム210 ㎎150 ㎎
カルシウム150 ㎎180 ㎎
マグネシウム67 ㎎41 ㎎
リン28 ㎎24 ㎎
0.5 ㎎0.4 ㎎
亜鉛0.4 ㎎0.4 ㎎
0.05 ㎎0.07 ㎎
マンガン0.29 ㎎0.32 ㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)2900 ㎍3200 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)1.1 ㎎1.3 ㎎
ビタミンK350 ㎍350 ㎍
ビタミンB10.03 ㎎0.02 ㎎
ビタミンB20.07 ㎎0.05 ㎎
ナイアシン0.3 ㎎0.2 ㎎
ビタミンB60.09 ㎎0.04 ㎎
ビタミンB12
葉酸78 ㎍51 ㎍
パントテン酸0.21 ㎎0.15 ㎎
ビオチン
ビタミンC41 ㎎18 ㎎
食物繊維(総量)2.2 g3.1 g

日本食品標準成分表2020年版 (八訂)」 から引用

 
 

関連記事

不断草 ふだんそう(Swiss chard)
水晶菜 アイスプラント(ice plant)
紫蘇 しそ(Japanese basil)
8月|食の歳時記|葉月|August
9月 | 食の歳時記 | 長月 | SEPTEMBER

縞綱麻 モロヘイヤ (Jew’s mallow)

縞綱麻 モロヘイヤ (Jew's mallow)
 

モロヘイヤ の 英語表記

Jew’s mallow
Nalta jute
Mulukhiya

 

モロヘイヤ の おいしい時期

モロヘイヤ

*各数字で歳時記を表示

国産【有機JAS認証】いづものモロヘイヤ100「ファミリーサイズ」(約2700粒…
 

モロヘイヤ の解説

  • モロヘイヤは漢字で「縞綱麻」
  • 別名「タイワンツナソ」「ナガミツナソ」「ジュート」
  • 北アフリカ原産の植物
    全体的に栄養価が極めて高く「野菜の王様」の異名を持つ
  • 「野菜の王様=ムルキーヤ」が語源とされる
  • クセがなく、かすかな甘みがある
  • 生ではアクが強いので火を通して食べる
  • 食べるのは葉だけで、基本的に茎は硬いので食べない
  • モロヘイヤは鮮度が落ちると固くなる
  • 新鮮なうちに茹でるのが美味しく食べるポイント
  • 若葉を食すので、葉に張りがあってみずみずしい物を選ぶ
  • ぬめり成分はムチン(ムチン=肝機能を高める効果)

*日本食品工業学会編の食品工業辞典の「むちん[ムチン]」の解説について、現在の科学的知見から以下のように訂正されている
(訂正前)動植物より分泌される粘質物一般をいう
(訂正後)動物より分泌される粘質物一般をいう

*参照HP 公益社団法人日本食品化学工学会

種子の毒
種子に強心作用のあるステロイド類のストロファンチジンという強心配糖体を含む
種子を摂食したウシやブタの死亡例が日本やオーストラリアで報告されている
これまで、人に対する中毒例はない
通常の流通品については安全であることが確認されている
家庭菜園などで栽培する場合は、種子の誤飲に注意する

栄養
カルシウム、カロテン、ビタミンB、ビタミンC、食物繊維などに富む
抗酸化作用のあるクエルセチンも多く含む

モロヘイヤの選び方
葉にハリがあり、鮮やかな緑色をしているものが良品
切り口が新しく、みずみずしいものが良品
茎が太すぎず、柔らかい物が良品
葉が萎れていたり、変色しているものは鮮度が落ちている
モロヘイヤは鮮度が落ちると固くなる

 

モロヘイヤ と相性の 良い食べ合わせ

 

モロヘイヤ の 保存方法

  • 温度や湿度の変化に弱い
  • ビニール袋に入れて野菜室
  • サッと茹でて冷凍保存できる
  • 生のまま冷凍保存できるが、使用するときにアク抜きをする必要がある
    ※加熱料理に使う時はそのまま使用できる
 

モロヘイヤ のレシピ

  • モロヘイヤ 納豆
  • モロヘイヤ のスープ
  • モロヘイヤ のナムル
  • モロヘイヤ の和え物
  • モロヘイヤ のかき揚げ
  • モロヘイヤ のお浸し
 

モロヘイヤ の栄養素 (食品成分表

可食部100g当たり

モロヘイヤ(生)

栄養素茹で
廃棄率0 %0 %
エネルギー36 ㎉24 ㎉
水分86.1 g91.3 g
タンパク質4.8 g3.0 g
脂質0.5 g0.4 g
炭水化物6.3 g4.0 g
ナトリウム1 ㎎
カリウム530 ㎎160 ㎎
カルシウム260 ㎎170 ㎎
マグネシウム46 ㎎26 ㎎
リン110 ㎎53 ㎎
1.0 ㎎0.6 ㎎
亜鉛0.6 ㎎0.4 ㎎
0.33 ㎎0.2 ㎎
マンガン1.32 ㎎1.02 ㎎
ヨウ素4 ㎍
セレン1 ㎍
クロム2 ㎍
モリブデン15 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)10000 ㎍6600 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)6.5 ㎎3.4 ㎎
ビタミンK640 ㎍450 ㎍
ビタミンB10.18 ㎎0.06 ㎎
ビタミンB20.42 ㎎0.13 ㎎
ナイアシン1.1 ㎎0.4 ㎎
ビタミンB60.35 ㎎0.08 ㎎
ビタミンB12
葉酸250 ㎍67 ㎍
パントテン酸1.83 ㎎0.7 ㎎
ビオチン14.0 ㎍
ビタミンC65 ㎎11 ㎎
食物繊維(総量)5.9 g3.5 g

日本食品標準成分表2020年版 (八訂)」 から引用

 
 

関連記事