鳥貝 とりがい(Japanese egg cockle)

本ページはプロモーションが含まれています

100gの栄養素含有量

おいしい時期

とりがい

*各数字で歳時記を表示

 

魚介類の解説

  • 貝殻のままや活けの状態での流通は少ない
  • 産卵時期は春と秋で寿命は約1年
  • 太平洋側は3~5月、日本海側は6~7月が旬
  • 二枚貝の中ではやや高価で主に寿司ネタとしての需要が高い
  • ほどよい食感で強い甘みと旨味がある
  • 主に開いた状態で年中出回る
  • 色が黒い方が高価でこの色素は取れやすい
  • 刺身と言っても生ではなく足の部分を軽く湯がいたものをいう

地方名

  • トンボ(小さい物をそのまま茹でたり煮たりしたもの)
  • オハグロ
  • オトコガイ
  • キヌガイ
  • トリゲ

目利き

  • 開いた状態の物は艶とハリがあり肉厚のものが良い
  • 湯引きしたものは冷凍しても味が落ちない

仲間

  • 蝦夷石蔭貝(エゾイシカゲガイ)

レシピ

  • 刺身、すし
  • 酢味噌和え
  • 佃煮
  • バター焼き

食品成分表

可食部100g当たり

とりがい(生)斧足

廃棄率0%
エネルギー86㎉
水分78.6g
タンパク質12.9g
脂質0.3g
炭水化物6.9g
ナトリウム100㎎
カリウム150㎎
カルシウム19㎎
マグネシウム43㎎
リン120㎎
2.9㎎
亜鉛1.6㎎
0.05㎎
マンガン0.11㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)1.2㎎
ビタミンK
ビタミンB10.16㎎
ビタミンB20.06㎎
ナイアシン1.7㎎
ビタミンB60.04㎎
ビタミンB1210.1㎎
葉酸18㎍
パントテン酸1.10㎎
ビオチン
ビタミンC1㎎
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用