豆苗 とうみょう(Pea sprouts )

本ページはプロモーションが含まれています

100gの栄養素含有量

おいしい時期

とうみょう

*各数字で歳時記を表示

野菜の解説

  • えんどう豆の種を発芽させて、モヤシのように育てたものを豆苗という
  • 栄養価が高く、そのまま生食かサッとゆでるのがおすすめ
  • カロテンはほうれん草以上に含む
  • 油と一緒に摂ると、カロテンの吸収が高まる
  • 現在では植物工場で水耕栽培されるので農薬を使わず栽培できる
  • 植物工場などで栽培されているので天候に左右されることなく安定して手に入る
  • アクが少なく、そのまま調理に使える

良い食べ合わせ

  • 健脳効果=胡麻、ナッツ
  • がん予防=油揚げ

保存方法

  • 乾燥させないように立てて、ビニール袋にいれ野菜室
  • 傷みやすく、乾燥に弱いので早く食べる

レシピ

  • サラダ
  • カルパッチョ
  • ナムル
 

食品成分表

可食部100g当たり

とうみょう(生)

廃棄率0%
エネルギー27㎉
水分90.9g
タンパク質3.8g
脂質0.4g
炭水化物4.0g
ナトリウム7㎎
カリウム350㎎
カルシウム34㎎
マグネシウム22㎎
リン61㎎
1.0㎎
亜鉛0.4㎎
0.08㎎
マンガン1.11㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)4100㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)3.3㎎
ビタミンK280㎍
ビタミンB10.24㎎
ビタミンB20.27㎎
ナイアシン1.1㎎
ビタミンB60.19㎎
ビタミンB12
葉酸91㎍
パントテン酸0.8㎎
ビオチン
ビタミンC79㎎
食物繊維(総量)3.3g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用