黒砂糖 くろざとう(brown sugar)

食材 » 調味料 » 黒砂糖 くろざとう(brown sugar)

※本記事には広告が表示されます。

 

黒砂糖の特徴

  • 原材料はさとうきび
  • 黒砂糖=黒糖
  • さとうきびの搾り汁をそのまま煮詰めたもの
  • 濃厚な甘さと強い風味がある
  • 鹿児島県や沖縄県の離島で主に生産されており、島ごとに味や風味が異なる
  • 黒糖・加工黒糖・加工糖などがある
    黒糖=純黒糖で素材のみの味(香り、えぐみなどが強い)
    加工黒糖=黒糖に粗糖や糖蜜を加え食べやすく加工
    加工糖=粗糖・糖みつが主な原料で黒糖の割合が少ない
  • 1歳未満の子供には与えるときは注意が必要
    (乳児ボツリヌス症を発症する恐れがある)
  • 人工透析を行っている人は避ける
 

砂糖の働き

  • 砂糖には甘みをつける以外にも以下の働きがある
  • 保水性が高く、乾燥を防いだり、保存性を高める
  • タンパク質の熱凝固を遅らせ、卵焼きなどを柔らかく仕上げる
  • 加熱すると、タンパク質と反応してきれいな焼き色がつく
  • 水に溶けやすく、結晶しやすい
 

砂糖の歴史

  • さとうきびは紀元前からインドで栽培していた記録がある
  • 日本には奈良時代に持ち込まれた
  • 江戸末期に国内生産が始まったとされる
  • 甘葛(あまづら)という植物から甘い液汁を採取し甘味料とした
  • 甜菜(てんさい)から砂糖が取れることが分かったのは18世紀末
 

砂糖の重量

小さじ3g
大さじ9g
1カップ130g
調味料別一覧表 / 大さじ&小さじ&カップの重さ(g)
thumbnail
【一覧表】調味料の大さじ・小さじの重さを調べる
https://japanese-food.net/top-page/weight-table/
 

砂糖の保存方法

  • 湿気、乾燥に弱い
  • 冷暗所で密閉できる容器に入れて保存する
  • 砂糖に賞味期限はありませんが、出来るだけ早く使いましょう
  • 砂糖にはダニや虫が湧くことはほとんどありません
 

砂糖の種類

  • 黒砂糖
  • 和三盆
  • 上白糖、中白糖、三温糖
  • ざらめ糖
  • グラニュー糖
  • 粉砂糖
  • 氷砂糖
  • 水あめ
 

黒砂糖の栄養素 (食品成分表)

可食部100g当たり

黒砂糖(生)

廃棄率0 %
エネルギー352 ㎉
水分4.4 g
タンパク質1.7 g
脂質
炭水化物90.3 g
ナトリウム27 ㎎
カリウム1100 ㎎
カルシウム240 ㎎
マグネシウム31 ㎎
リン31 ㎎
4.7 ㎎
亜鉛0.5 ㎎
0.24 ㎎
マンガン0.93 ㎎
ヨウ素15 ㎍
セレン4 ㎍
クロム13 ㎍
モリブデン9 ㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)13 ㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)
ビタミンK
ビタミンB10.05 ㎎
ビタミンB20.07 ㎎
ナイアシン0.8 ㎎
ビタミンB60.72 ㎎
ビタミンB12
葉酸10 ㎍
パントテン酸1.39 ㎎
ビオチン34 ㎍
ビタミンC
食物繊維(総量)
「日本食品標準成分表(八訂)増補2023年」から引用