飛魚 とびうお(Flying fish)

100gの栄養素含有量

おいしい時期

とびうお

*各数字で歳時記を表示

 

魚介類の解説

  • 浜飛魚は「春トビ」と言われ、春の味わい(3,4月)
  • 鳥のように滑空する(尾びれを使って加速し400m飛ぶ)
  • 加工品(ちくわ、煮干し)などにも使われる
  • 40cmを超える大型のものは「大トビ」と呼ばれ高級
  • 脂が少ないが魚本来の味が味わえる
  • 飛魚の出汁を「あごだし」という(九州では飛魚のことをあごと呼ぶ)
  • あごだしは鰹や煮干しの出汁に比べると、上品な味とコクが特徴(出汁の中でも高級品)

地方名

  • 角トビ
  • 春トビ
  • 夏トビ
  • フルセン

目利き

  • 血合い部分が赤いものが良い
  • うろこがきれいについていてお腹側が光っているもの

仲間

  • 細飛魚(ホソトビウオ)
  • 筑紫飛魚(ツクシトビウオ)
  • 浜飛魚(ハマトビウオ)

レシピ

  • 飛魚の塩焼き
  • 飛魚の刺身、寿司
  • あごだし
  • 飛魚の竜田揚げ

食品成分表

可食部100g当たり

とびうお(生)

廃棄率 40%
エネルギー 96㎉
水分 76.9g
タンパク質 21.0g
脂質 0.7g
炭水化物 0.1g
ナトリウム 64㎎
カリウム 320㎎
カルシウム 13㎎
マグネシウム 37㎎
リン 340㎎
0.5㎎
亜鉛 0.8㎎
0.06㎎
マンガン 0.01㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 3㎍
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD 2.0㎍
ビタミンE(トコフェロールα) 2.3㎎
ビタミンK
ビタミンB1 0.01㎎
ビタミンB2 0.1㎎
ナイアシン 7.1㎎
ビタミンB6 0.47㎎
ビタミンB12 3.3㎎
葉酸 8㎍
パントテン酸 0.42㎎
ビオチン
ビタミンC 1㎎
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用