蛤 はまぐり(Hard clam)

100gの栄養素含有量

おいしい時期

はまぐり

*各数字で歳時記を表示

 

魚介類の解説

  • 慶事に欠かせない蛤ですが、国産の蛤はかなり減少している
  • 現在は中国産の支那蛤(シナハマグリ)が流通している
  • 蛤の貝殻のかみ合わせが他のものでは合わないことから縁起物とされる
  • 産卵期は夏なので、栄養を蓄える春が旬
  • 産卵期は中毒を起こしやすく、身が細っているので味が落ちる
  • アサリと同様に砂抜きをする(3%の塩水で3時間程度)
  • 焼き蛤にするときは靭帯を切り、口が開かないようにする
  • 大きいと身が硬く、小さいと旨味が少ない

地方名

  • ホンハマ
  • 耳白貝(ミミシロガイ)
  • 油貝(アブラガイ)
  • 文蛤(アヤハマグリ)

砂抜き

  • 浅利と同様、砂が噛んでいることがある
  • 2~3%の塩水に蛤を入れ、冷暗所へ
  • 最低でも2~3時間は放置する(できれば一晩)

目利き

  • 生きているものを選ぶ
  • 殻に艶があり、口がしっかり閉じているものが良い
  • 中くらいの大きさが良い

仲間

  • 汀線蛤(チョウセンハマグリ)
  • 支那蛤(シナハマグリ)

レシピ

  • 蛤の吸い物
  • 蛤の炊き込みご飯
  • 焼き蛤
  • 蛤のしぐれ煮
  • 蛤の寿司
  • 煮蛤
  • パエリア

食品成分表

可食部100g当たり

はまぐり(水煮)

廃棄率 75%
エネルギー 89㎉
水分 78.6g
タンパク質 14.9g
脂質 1.5g
炭水化物 2.9g
ナトリウム 490㎎
カリウム 180㎎
カルシウム 130㎎
マグネシウム 69㎎
リン 190㎎
3.9㎎
亜鉛 2.5㎎
0.23㎎
マンガン 0.3㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 12㎍
ビタミンA(β-カロテン) 50㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα) 2.8㎎
ビタミンK 1㎍
ビタミンB1 0.15㎎
ビタミンB2 0.27㎎
ナイアシン 1.6㎎
ビタミンB6 0.05㎎
ビタミンB12 20.3㎎
葉酸 23㎍
パントテン酸 0.45㎎
ビオチン
ビタミンC 1㎎
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用