鰊 にしん(Herring)

100gの栄養素含有量

おいしい時期

にしん

*各数字で歳時記を表示

 

魚介類の解説

  • 「春告魚」で「にしん」と読む
  • 旬は春と秋の2回
  • 冷水魚で水温が6~5度の海に生息する
  • 太平洋産と大西洋産に大別される
  • ほとんどが外国産(アメリカ、カナダ、中国など)
  • 鮮魚で出回っているものは国産(90%が北海道産)
  • 昔は国産物は高級品で「幻の魚」と言われる
  • 今は徐々に漁獲量が増えてきている
  • 鰊の卵は「数の子」
  • 伝統料理や正月料理には欠かせない魚
  • 「子持ち昆布」は鰊が昆布に卵を産み付けたもの
  • 身欠きニシンとは内臓を取り、日干しにして固めた食材
    (米のとぎ汁で戻して調理する)

地方名

  • カド
  • カドイワシ

目利き

  • エラに血がにじんでいないもの
  • 目が黒く、周りが透明なものが良い(古くなると目が赤くなる)
  • 銀色で身に張りがあるものが良い
  • 鱗がしっかりついたものが良い

レシピ

  • 鰊の煮つけ
  • 鰊の刺身、寿司
  • 鰊の酢漬け
  • 鰊の干物

食品成分表

可食部100g当たり

にしん(生)

廃棄率 45%
エネルギー 216㎉
水分 66.1g
タンパク質 17.4g
脂質 15.1g
炭水化物 0.1g
ナトリウム 110㎎
カリウム 350㎎
カルシウム 27㎎
マグネシウム 33㎎
リン 240㎎
1.0㎎
亜鉛 1.1㎎
0.09㎎
マンガン 0.02㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 18㎍
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD 22.0㎍
ビタミンE(トコフェロールα) 3.1㎎
ビタミンK
ビタミンB1 0.01㎎
ビタミンB2 0.23㎎
ナイアシン 4.0㎎
ビタミンB6 0.42㎎
ビタミンB12 17.4㎎
葉酸 13㎍
パントテン酸 1.06㎎
ビオチン
ビタミンC
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用