彌猴桃 キウイフルーツ(Kiwifruit)

本ページはプロモーションが含まれています

100gの栄養素含有量

おいしい時期

キウイフルーツ

*各数字で歳時記を表示

野菜の解説

  • 原産地は中国でニュージーランドで栽培されるようになる
  • 名前の由来はニュージーランドの国鳥【KIWI】に似ていることからきた
  • 輸入物が安定して入荷しているので通年市場に並ぶ
  • 国産物は秋~冬が旬
  • 雄雌異株なので、両方の木を植えなければ実はならない
  • ゼラチンとの相性が悪く、固まりにくい
    (加熱して酵素の働きを止めることで固めることができる)

良い食べ合わせ

  • 利尿作用=柿、レタス、パセリ
  • 風邪予防=トマト、ニラ、椎茸
  • 老化防止=玉葱、鰯、茗荷、豚肉
  • ストレス緩和=ヨーグルト、モロヘイヤ、オクラ、納豆

保存方法

  • まだ硬く熟していない物は常温で追熟させる
  • バナナやリンゴと同じ袋に入れておくと早く熟す
  • 食べごろの物はビニール袋に入れて冷蔵庫で保存する

主な品種群

  • レインボーキウイ(静岡県)
  • 香緑(香川県)
  • レッドキウイ(愛媛県)
  • ゼスプリ

レシピ

  • スムージー
  • ソース
  • サラダ
  • 和え物
 

食品成分表

可食部100g当たり

キウイフルーツ(生)緑肉種

廃棄率15%
エネルギー53㎉
水分84.7g
タンパク質1.0g
脂質0.1g
炭水化物13.5g
ナトリウム2㎎
カリウム290㎎
カルシウム33㎎
マグネシウム13㎎
リン32㎎
0.3㎎
亜鉛0.1㎎
0.11㎎
マンガン0.11㎎
ヨウ素
セレン1㎍
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)66㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)1.3㎎
ビタミンK
ビタミンB10.01㎎
ビタミンB20.02㎎
ナイアシン0.3㎎
ビタミンB60.12㎎
ビタミンB12
葉酸36㎍
パントテン酸0.29㎎
ビオチン1.4㎍
ビタミンC69㎎
食物繊維(総量)2.5g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用