薄口醤油(Light color soy sauce)

100gの栄養素含有量

薄口醤油の特徴

  • 関西地方発祥の醤油と言われている
  • 濃口醤油よりも色が薄く、味が薄いと勘違いしやすいですが、塩分は高く味は濃く感じる
  • 素材の味を生かすため、色や香りが抑えられている
  • 関西ではよく使われる(出汁を利かすために薄口醤油を使う)
  • 薄口と表記すると味が薄いと勘違いしがちなので「淡口」と表記されることもある
  • 一般的に醤油と記されているときは「濃口醤油」を指す
  • あまり色を出したくないときに使う
  • 基本的に調理用で卓上用には向かない

薄口醤油の働き

  • 塩分が多いので浸透圧の働きによって、水分が引き出される
  • 魚類や肉類の生臭みを消す
  • 防腐作用がある
  • 素材の持ち味を生かす
  • 素材の色を生かす

薄口醤油の歴史

  • 江戸時代に円尾孫右衛門が作り出したと言われる
  • 京都の精進料理や懐石料理に用いられた

醤油の重量

小さじ 6g
大さじ 18g
1カップ 230g

大さじ小さじの重さを確認する

醤油の保存方法

  • 醤油は時間がたつとともに風味が落ち、色が濃くなる
  • 直射日光を避け冷暗所に保存
  • 開封後は空気に触れ、酸化が進むので冷蔵庫保存が好ましい
  • 開封後は早めに使いきるようにする(一か月程度)

醤油の種類

 

 

栄養素含有量

可食部100g当たり

うすくちしょうゆ

廃棄率 0%
エネルギー 54kcal
水分 69.7g
タンパク質 5.7g
脂質
炭水化物 7.8g
ナトリウム 6300㎎
カリウム 320㎎
カルシウム 24㎎
マグネシウム 50㎎
リン 130㎎
1.1㎎
亜鉛 0.6㎎
0.01㎎
マンガン
ヨウ素 1㎍
セレン 6㎍
クロム 2㎍
モリブデン 40㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)
ビタミンK
ビタミンB1 0.05㎎
ビタミンB2 0.11㎎
ナイアシン 1.0㎎
ビタミンB6 0.13㎎
ビタミンB12 0.1㎍
葉酸 31㎍
パントテン酸 0.37㎎
ビオチン 8.4㎍
ビタミンC
食物繊維(総量)

 

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用