食用花 しょくようばな(edible flower)

エディブルフラワー
 

食用花の旬

しょくようばな

*各数字で歳時記を表示

 

食用花とは~解説

  • エディブルフラワーとは食べることを目的として育てられた花のことを言う
    (観賞用は農薬などを使用しているので食べれません)
  • さまざまな種類の花が食用として出回る
  • 食用としているものを使う
  • 花の色や香りを楽しめる
  • コスモスやナスタチウムはビタミンAが豊富
  • バラはビタミンCが豊富
  • 花に砂糖をまぶしたシュガーコートや氷の中に花びらを入れたアイスキューブなど作れる
 

保存方法

  • 密閉容器に入れ冷蔵庫
  • 乾燥に注意する
  • 製氷皿でフラワー入りの氷にしても良い(アイスキューブ)
 

主な品種群

アリッサムインパチェンスカーネーションカモミール
カレンジュラキククローバーコーンフラワー
サイネリアさくらサフランストック
キンギョソウ千日紅デージートレニア
ナスタチュームナデシコノースボールハイビスカス
ハマナスプリムラジュリアンパンジーバーベナ
ビオラひまわりプリムラフロックス
ベゴニアペチュニアペンタスホウセンカ
ボリジマリーゴールドマロウリナリア
ローズローズゼラニウム

参照HP→エディブルフラワーの基礎知識

 

食品成分表

可食部100g当たり

食品成分表の記載がありません

廃棄率%
エネルギー
水分
タンパク質
脂質
炭水化物
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン
亜鉛
マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)
ビタミンK
ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸
パントテン酸
ビオチン
ビタミンC
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用

 

関連記事