馬鈴薯 じゃがいも(Potato)

じゃがいも
 

おいしい時期

北海道

関東

関西

九州

新馬鈴薯

*各数字で歳時記を表示

 

じゃがいも とは~解説

  • じゃがいもは英語で「Potato」
  • 低カロリーでビタミンCが豊富で美容と健康に良い食品
  • 出回っているのは男爵とメークイーンで約9割を占める
  • ホクホクとした男爵は関東で消費が高い
  • ねっとりとしたメークイーンは関西で消費が多い
  • でんぷんを多く含む男爵は水に晒すとよく白く濁ります
  • 男爵は粉吹き芋やマッシュポテト、コロッケ、肉じゃがなどに向いている
  • メークイーンは煮込み料理やシチューに向いている
  • フランスでは「大地のリンゴ」と呼ばれるほどの栄養価が高い
  • ビタミンC、B1、B6が豊富
  • ビタミンCはリンゴの約5倍
  • リンゴと一緒に保存すると発芽しにくい
  • 馬鈴薯のビタミンCはでんぷんに包まれ、保存や加熱に強い
  • 芯まで熱が通りにくいので、皮ごと水から茹でると均一に火が通る
  • 栄養面から見ても茹でてから皮を剥いた方が良い
  • 皮が薄く、色むらのない物が良い
 

じゃがいもと相性の良い食べ合わせ

 

じゃがいもの保存方法

  • 新聞紙にくるみ野菜室
  • 気温が高いと芽が出やすいので注意する
  • 硬めのリンゴと一緒に保存すると芽が出にくくなります
 

主な品種群

  • 男爵
  • メークイン
  • キタアカリ
  • インカのめざめ
  • 北海こがね
  • ヒカル
  • はるか
  • マチルダ
 

ジャガイモを使った料理

  • 肉じゃが
  • ポテトサラダ
  • ジャーマンポテト
  • じゃがいもの冷製スープ
  • じゃがいもポタージュ
 

じゃがいもの栄養素(食品成分表)

可食部100g当たり

じゃがいも(水煮)塊茎

廃棄率 0%
エネルギー 74㎉
水分 80.6g
タンパク質 1.7g
脂質 0.1g
炭水化物 16.9g
ナトリウム 1㎎
カリウム 340㎎
カルシウム 4㎎
マグネシウム 16㎎
リン 32㎎
0.6㎎
亜鉛 0.2㎎
0.1㎎
マンガン 0.1㎎
ヨウ素
セレン
クロム 2㎍
モリブデン 3㎍
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン) 2㎍
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα) 0.1㎎
ビタミンK
ビタミンB1 0.07㎎
ビタミンB2 0.03㎎
ナイアシン 1.0㎎
ビタミンB6 0.18㎎
ビタミンB12
葉酸 18㎍
パントテン酸 0.41㎎
ビオチン 0.3㎍
ビタミンC 18㎎
食物繊維(総量) 3.1g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用

   
 

関連記事

1月 | 食の歳時記 | 睦月 | JANUARY
2月 | 食の歳時記 | 如月 | FEBRUARY
里芋 さといも(Taro)
蕗の薹 ふきのとう(Butterbur scape)