海松貝 みるがい(Keen’s gaper)

100gの栄養素含有量

おいしい時期

みるがい

*各数字で歳時記を表示

 

魚介類の解説

  • 水管にミル(海藻)をつけていることがあり、ミルを食べているように見えることから、この名がついたと言われる
  • 海松食(みるくい)とも呼ばれる
  • 二枚貝では最も高価と言われる
  • 軽く茹でたものを刺身として食べるのが一般的
  • 水管の刺身が美味でその他の部分は加熱して食べる
  • 全国的に分布し、韓国やカナダ等から輸入されている

地方名

  • ナミガイ
  • ホンミル
  • クロミル
  • ミルクイ
  • ソデフリ
  • シロミル
  • ウシガイ

目利き

  • 基本的に生きているものを選ぶ
  • 水管が太くて大きい物を選ぶ

仲間

  • ホッキガイ
  • シロミル

レシピ

  • 刺身・寿司
  • 焼き物
  • 天ぷら
  • 味噌汁
  • 煮物
  • 酢の物
 

食品成分表

可食部100g当たり

みるがい(生)

廃棄率80%
エネルギー82㎉
水分78.9g
タンパク質18.3g
脂質0.4g
炭水化物0.3g
ナトリウム330㎎
カリウム420㎎
カルシウム55㎎
マグネシウム75㎎
リン160㎎
3.3㎎
亜鉛1.0㎎
0.04㎎
マンガン0.16㎎
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンD
ビタミンE(トコフェロールα)0.6㎎
ビタミンK
ビタミンB1
ビタミンB20.14㎎
ナイアシン2.0㎎
ビタミンB60.05㎎
ビタミンB129.1㎎
葉酸13㎍
パントテン酸0.64㎎
ビオチン
ビタミンC1㎎
食物繊維(総量)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用